プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3813 出来過ぎ

 一般的には実力以上の結果を得た場合にいうセリフだが、実力者や強者が謙虚に言う場合もあって、そんなケースでは、なんとなく奥ゆかしく好感が持てる。

1.独り言コラム
 中学生棋士、藤井聡太4段が昨日も勝って、連勝記録を19に伸ばした。戦いは、序盤での応酬で見せた藤井4段の巧みな指し回しだった。相手の銀を端に追い込む手順が絶妙で、その働きを無能にさせた。そこで有利を奪った藤井4段が、その後も、正確な差し回しで完勝した。対局終了後のインタビューで、「出来過ぎです」といつもながら謙虚に語る対応も光っていた。▲「出来過ぎ」と言えば、森友学園問題に次いで飛び出して来た加計学園問題でのリーク合戦だ。ここでも忖度が絡んだ問題である。加計学園の認可に関して、前川前文部次官の「総理からのご意向という文書は本物だ」との暴露発言したのに対し、読売新聞が「同氏がガールズバーに通っていた」というスキャンダルをスクープして一面で報じていた。このスクープは、タイミング的にあまりにも「出来過ぎ!」で、政府側からのリークではないかと言われている。このリーク合戦の行方が気がかりだ。▲プロ野球では、阪神が好調でトップを走っている。ここ一週間は、少しもたついて負けが混んできているが、それでも、昨日はしっかりと勝って首位の座を固めた。ベテランの福留、糸井の両選手に、高山、中谷、糸原、北条などの若手の頑張りがうまく競い合っての戦いぶりは、少し「出来過ぎ」のきらいもあるが、結果を出している。アンチ阪神ファンの筆者は、このところ我慢の状態である。▲一年ぶりの優勝を目指す横綱白鵬は、初日から12連勝と白星を重ねている。一方、大関を狙う関脇、高安も、昨日勝って、大関昇進目安の直近3場所での33勝を挙げた。この二人の場合は。いわゆる「出来過ぎ」ではなく、本領を発揮しているのだ。▲このところ、森友、加計の問題や閣僚の失言などで足を引っ張れている安倍総理だが、依然として支持率はそれなりに保っている。「出来過ぎ」ではないかと見る向きもあるようだが、外交での得点稼ぎが、救いになっているようだ。▲出来過ぎか否かは別として、いずれの場合も、油断大敵であることは言うまでもない。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、64.1kg。▲中学生棋士、藤井4段の19連勝の模様を見るために、お昼のお弁当を買いに出た以外は、部屋にこもって対局中継を見ていた。相手がかなり長く考えた末に投了を告げた時、藤井4段が深く頭を下げて挨拶していたのが印象的だった。(17-05-26)
スポンサーサイト

3812 なるか! 19連勝

 注目の藤井聡太4段が、今日、公式戦の19戦目を戦う。連勝記録を伸ばすことが出来るのだろうか。

1.独り言コラム
 プロデビュー以降、公式戦では負け知らず、18連勝中の中学生棋士、藤井聡太4段が今日午前10時から東京将棋会館で行われる竜王戦の予選6組の決勝に登場する。相手は、少し先輩の20歳の近藤誠也5段である。▲竜王戦は持ち時5時間の長丁場の戦いである。この棋戦では、1~6組に分かれて予選を行う。プロ入り直後の藤井4段は、自動的に6組からのスタートだった。▲昨年12月に行われた藤井4段のデビュー戦が、この竜王戦の1回戦で、62歳年上の加藤一二三9段と対局、堂々と勝利して話題になった。その後、浦野8段、所司7段、星野4段、金井6段を連破して、堂々、6組の決勝進出である。▲この竜王戦は読売新聞社が主宰するタイトル戦で、名人戦よりも優勝賞金額が高く、その棋戦の仕組みは、全棋士を成績順に6組に分け、1組から5人、2組から2人、3~6組では、各組の優勝者1名のみの合計11人が本線の決勝トーナメントに出場できる。▲決勝トーナメントでは、6組の優勝者は、5組、4組のそれぞれの優勝者、そして1組5位、1組の4位、1組優勝者と順次対局、それらに全て勝てば、挑戦者決定3番勝負に進出、そこで2勝すれば、10月からの竜王戦での挑戦者として、渡辺明竜王とのタイトル戦に臨むことが出来るのである。従って、今日勝てば、藤井4段は、挑戦権獲得までマジック7に漕ぎつける事になる。▲果たして、藤井4段は何処まで勝ち進むか。ファンの期待は大きいが、今日負ければ、藤井4段の今期の竜王戦は即終了である。ファンは夢の先を楽しみにしている。筆者は、今日一日はこの対局の棋譜速報から目を離せない。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、64.2kg。▲このところ、やる気が減退している。散歩といい、物書きと言い、さぼったり、手抜きが多くなってきている。このブログを書くのも、いっぱい、いっぱいである。老化現象なのだろうか?(17-05-25)

3811 量産

 北朝鮮の金正恩委員長は、ミサイルの量産を指示したという。隣国の戦力強化は恐怖以外の何ものでもない。

1.独り言コラム
 今年に入ってミサイル発射実験を繰り返している北朝鮮の動きは、戦力強化による恐怖拡大を加速している。狙いは、核保有国としての存在を世界に認知させることにあるようだ。許しがたい行為であるが、今のところ、棄権を無視したトランプの思い切った軍事行動以外に、それをストップさせる手立てがない。ミサイルの量産っていう表現に違和感を覚える今日この頃である。▲量産という言葉は適用範囲は広く、ものつくり以外にも、例えば、野球界で、ホームランや安打の量産という形で多用されている、今年の日本のプロ野球界を見てみると、ホームランでは、オリックスのT-岡田選手の11本を別格とすれば、後は、レアード(日本ハム)の12本、エルドレッド(広島)の11本、デスパイス(ロッテ)の10本、グレーロ(中日)9本など、外国人選手の活躍が目立っている。▲早実のスラッガー清宮幸太郎選手は、数日前に春季関東高校野球大会で通算95本目の本塁打を放った。この量産ペースは驚き以外の何物でもない。将来のプロでの活躍が期待される。▲一方、大リーグでは、昨年までに3030本のヒットを量産して来たイチロー選手は、今年は振るわず、昨日まで51打数8安打と低迷中で、売り物だった安打量産機能に赤信号が点っているようだ。▲注目のトランプ大統領は、大統領に就任直後から大領領令の量産をして注目を集めたが、支持率アップには繋がっていない。ロシアゲート問題では弾劾の危機もあり、今後が心配である。▲とにかく、ミサイル量産というのはとんでもない話であって、量産というのは、あくまでも、人類の平和に貢献、寄与するものであるべきだと思う。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、64.1kg。▲生垣が生育して高くなり過ぎたので、少しずつ低くする作業を行っているが、脚立を使っての作業は老人には容易ではない。悪戦苦闘している。(17-05-24)

3810 ポートの効用

 大辞林の「ポート」の項には「港」という意味が最初に記載されている。ナース・ペディアでは、「ポートとは、血管内に薬剤を注入するための医療機器である。皮膚の下に埋め込み、カテーテルを血管内に留置することで、薬剤を確実に静脈内へ注入することができる」とある。

1.独り言コラム
 小林麻央さんの乳がんとの闘いは壮絶である。彼女が頑張って書いているブログ、「KOKORO」を、毎回、心の痛みを覚えながら読ませていただいている。あくまでも前向きな闘志を懸命に掻き立てながら綴っている彼女の超感動作品である。▲去る5月21日付けの「痩せる」というタイトルのブログでは、「着替えの際に自らの変わり果てた姿に衝撃を受け泣いてしまった。それでも、泣いていても駄目だと自らを奮い立たせ、頑張って食事をした」と書いている。そして、圧巻は、「精神力までは瘦せ細っていない」と自らを鼓舞している点である。▲更に、その中盤では、「ポートを入れてからは、毎日 水分、高カロリーの点滴ができて安定しています。ポートには感謝します。私の悩みを ひとつ、二つと減らしてくれました」とある。▲筆者は、彼女のこのブログで、初めて「ポート」という医学用語を知った。ナース・ペディアには,「ポートの形状は2~3ミリの円盤状のタンクで、中心部には圧縮されたシリコーンゴム(セプたム)があり、カテーテルが接続されている」とある。筆者のイメージでは、点滴の機能が体内に埋められているような感じである。▲いずれにしても、彼女の毎日の頑張りは凄い。「命を削るようにして頑張りながら、命を育んでいる」ように思う。何としても、回復して欲しいと祈る毎日である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、64.0kg。▲昨夕、久しぶりに湖岸を散歩した。庭の雑草との闘いを優先させていたため、散歩が遠のいていた。何となく、それまでの散歩よりも疲労感が大きいような気がした。(17-05-23)

3809 夢の竜王にマジック12

 このところ、毎週、中学生棋士の藤井聡太4段の対局が予定されていて、将棋ファンは目が離せない。目下、同棋士は、竜王位にマジック12と迫っている。

1.独り言コラム
 18連勝中の藤井聡太4段は、目下、竜王戦、王将戦、棋王戦、加古川清流戦、NHK杯戦に出場中である。6月からは大事な順位戦、それに8番目のタイトル戦として装いを新たに誕生した叡王戦にも参戦する。▲これらの棋戦の中で、勝ち進めば到達できる最も早いタイトル戦は竜王戦である。9月末までには挑戦者決定戦三番勝負が行われ、10月からは渡辺明竜王との7番勝負が予定されている。▲今週は、19連勝とその竜王戦の挑戦者決定トーナメント入りをかけての予選枠抜けの決勝が行われる。そして、その決勝トーナメントで勝ち続け、7勝すれば挑戦権を得ることになる。但し、トーナメント戦であるが故、決勝までの5戦は全部勝たねばならない。▲つまり、端折って言えば、中学生竜王誕生まで、今週の予選決勝の一局を加えて、マジック12である。まだまだ先の長い戦いではあるが、決してリアリティのない夢ではない。▲この将棋界は勝てば、どんどん対局数が増えて来る仕組みになっている。このまま連勝が続くとは思わないが、竜王戦は尤も早くタイトルに到達できる棋戦である。言うまでもない事だが、王将戦、棋王戦でも予選突破を目指しての快進撃は続いている。下手すると(?)、来年3月には、藤井3冠が誕生しているかもしれない。▲差し当たっては、今週25日に行われる竜王戦予選決勝での近藤誠也4段に勝ってマジック11とするのが、その夢への第一歩である。(本コラム、最初に配信した際には、勘違いでマジック10としていました。お詫びして訂正します。)

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、63.9kg。▲お墓参りに三井寺を訪れたが、催し物があって、いつもの入り口からは車で入れなかったので、そこからお墓まで歩いた。散歩からご無沙汰していたので、歩くのも悪くないと思って頑張った。(17-05-22)

3808 短命、ゲートは鬼門

 明智光秀の3日天下はあまりのも有名だが、世界のトップ大国での短命大統領の話題は、異変中の異変である。

1.独り言コラム
 森友、加計などの学園問題や度重なる強行採決で揺れている安倍内閣であるが、海の向こうで起きているゲート問題は、場合によっては、トランプ大統領にとっては命取りになりかねない大きな試練である。▲ロイター通信などが行った最新の世論調査で、トランプ大統領の支持率が38%と同大統領の過去最低となっている。ロシアゲート問題が深刻さをましているようで、支持しないが56%で、共和党の中でも36%が支持しないで、前回よりも6%も増えているという。▲ここに来て、弾劾の可能性もリアリティを増してきている米国の政治情勢である。トランプ大統領も、自らのレッドラインが気になり始めていると思う。今年の1月に正式に大統領になって4か月を過ぎたばかりなのだが、先行きは極めて不透明だ。▲因みに、米国大統領の最短在位記録は、第9代大統領だったウイリアム。ハリソン大統領で1カ月の在位だった。同氏の場合は、雪交じりの寒風吹きすさぶ中での就任式典で、2時間に及ぶ就任演説を行ったことで風邪をこじらせ、肺炎で死去したためである。(昨日の毎日新聞のコラムより引用)▲就任直後から大統領令を連発して気勢を上げていたトランプ大統領だったが、今後どんな軌跡を描くのだろうか。米国大統領にとっては、どうやら、「ゲート」は鬼門のようだ。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、63.8kg。▲久しぶりにカラオケで発散。今年3回目。月一度の健康診断的な意味を持って来ている。歌唱力は老化に伴い、確実に劣化して来ている。この日の最高点は、18番の「落ち葉しぐれ」が87台をマークして復活。(17-05-21)

3807 強行採決

 ネットのウィキペディアの強行採決の項には、「与野党による採決の合意が得られず、少数派の議員が審議の継続を求めている状況で、多数派の議員が審議を打ち切り、委員長や議長が採決を行うこと」とある。

1.独り言コラム
 毎度お馴染みの強行採決が昨日の衆議院の法務委員会で行われ、テロ等防止法案が可決された。最近の強行採決の中では、見た目では、随分とおとなしい強行採決風景だった。先の集団的自衛権の行使を可能にした自衛隊法の改正法案の時に比べれば、比較にならないほどの静かな強行採決だった。▲今でも強く印象に残っている強行採決シーンでは、森ゆう子議員がハイヒールで机に上がって反対した安保法案、馳浩議員が委員長の盾として守りながら強行可決した年金改正案などがある。▲ともかく、野党が反対する重要法案は、そのほとんどで強行採決が行われている。与野党間での一定のシナリオができているのではなかろうか。国民もあまり驚かなくなっている。▲因みに、民主党政権下の3年3カ月間でも24回の強行採決が行われたという。さすれば、強行採決は日本の国会では欠かせない大事なしきたり、風物詩なのかもしれない。▲そんな中で、昨日の閣議で、天皇陛下の退位を扱う「天皇退位法案」が閣議決定された。一代限りの法案で、今国会で成立する段取りになっている。これに関しては、与野党が一致して賛成する段取りだ。▲政治家は、与野党を問わず、表婿向きには、国民の安全、心を主張している。そうであるならば、もっと一致しての採決があってもおかしくないと思うのだが、…。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、63.8kg。▲ここに来て、生垣がやたらに繁茂し始めたので、無手勝流で伐採を始めた。虎刈りもいいところだが、仕方がない。(17-05-20)

3806 快進撃

 勝ち負けは時の運ともいわれるが、相手を寄せ付けない強さでの快進撃には、快哉を叫ぶ場合もあれば、どうにでもなれといった開き直りの場合もある。

1.独り言コラム
 中学生棋士藤井聡太4段が、昨日行われた若手の棋士による加古川青竜戦の一回戦で、竹内雄悟4段に勝って、連勝記録を歴代7位タイの18に伸ばした。昨日の対局は持ち時間が各1時間という早指しの対局できびきびした激しい戦いだった。▲筆者は、静岡に向かう列車の中で、棋譜の生中継を携帯で観戦していた。中盤では押され気味で、あわや敗北か、と思われる局面が続いたが、藤井4段は、受けもなかなかしっかりしていてこれを凌ぎ勝利した。この連勝、どこまで続くか興味は尽きない。▲大相撲夏場所は前半戦を終わったが、稀勢の里は負傷が癒えておらず、既に2敗を喫している。その一方で、白鵬と日馬富士の2横綱と共に、大関を狙う関脇高安関の3力士が5連勝で快進撃が続いている。中でも高安の強さが光っている。どうやら、大関は間違いなさそうだ。▲プロ野球では、駄目虎と呼ばれて久しかった阪神が汚名返上の勝ちっぷりが続いている。昨日は負けたが、それでも貯金が11と独走態勢だ。アンチ阪神ファンの筆者はお手上げ状態である。どうにでもなれと、開き直っている。▲トランプ大統領の登場以降、上昇の一方を続けていたアメリカの株価が、ロシア疑惑の深まりで、一昨日は370ドルを超す大幅な下げとなった。今朝は少し持ち直したが、それまでの快進撃に赤信号と言ったところである。▲一方、これまた快進撃を続けて来た第二次安倍内閣だったが、あの昭恵夫人の100万円問題の森友問題が浮上して以降、快進撃にストップがかかった状態である。テロ防止罪法、憲法問題、またここに来て新たに加計学園問題も登場し、ぎくしゃくが続いている。▲常識的には、快進撃は、いずれはストップするものである。

2.プライベートコーナー
 6時起床。体重、63.8kg。▲静岡にいる妹が再び入院したので見舞った。急ぐこともなかったので、ローカル線を使って往復した。(17-05-19)

3806 迷宮入りか?

 眞子さんの婚約報道が大きく取り上げられている中で、昨夜のNHKのローカル番組の「おうみ845」で、10年前に琵琶湖湖畔で起きたバラバラ事件の捜査のその後を取り上げていた。この事件に関心を持っていた筆者は、思わずこのニュースに見入っていた。

 1.独り言コラム
 滋賀県では珍しいバラバラ事件だった。そだけに、筆者の記憶も健在である。昨日のNHKの放送でも報じていたが、早いもので、あれから、もう10年も経っており、時の経過の速さを思った。思わず、昭和の懐かしい歌謡曲、「あれから10年たったかなァ」(春日八郎さんが1959年リリース)のヒット曲が頭をかすめた。▲筆者は、この事件については、このコラムで二度に渡って取り上げている。最初は、本コラムの523回目(2008年5月22日)で、当時、妻が入院していた堅田の病院に毎日通院していた頃で、その途中にある藤ノ木川の河口付近で、切断された左足首が発見されたということで俄然、強い関心を持ち、このコラムに書いたのだ。その時点では、切断遺体は、他にも対岸の近江八幡湖岸で、太ももから足首までが切り取られた左右の脚が別々に見つかっていて、それらと同一人物と断定されていた。▲二度目に取り上げたのは、本コラム774回(2009年1月28日)で、残念ながら、事件の解明はほとんど進んでいないことを書いていて、今回が三度目という事になる。残念ながら、昨夜の放送でも、同様に捜査は進展しておらず、未だに被害者の身元さえ分かっていないという。▲今現在は、近江八幡署で6人の専従捜査員によって捜査が続けられているという。昨日のニュース映像では、最新の似顔絵が書かれたテッシュを配って情報の提供を求めている状況が放映されていた。とにかく、被害者が判明しないと捜査の進展は期待できない。それだけに有力な情報提供が待たれる。しかし、あれから10年も経過していることで、その期待は薄く、お宮入が心配だ。▲蛇足だが、あの昭恵夫人の100万円提供の話しも、うやむやで迷宮入りなのだろう。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、64.1kg。▲上京していた一週間で、庭の雑草たちの生育が目覚ましく、その対応に苦闘の毎日だ。まだ半分程度しか処理できていない。厄介な仕事だ。(17-05-18)

3805 嬉しいニュース

 不安や心配事が多い今日この頃だが、そんな中で、明るい話題、ニュースは我々を大いに和ませてくれる。

1.独り言コラム
 眞子さんの婚約されることが明らかになった。お目出度い、明るいニュースである。お相手は大学時代のお友達で、法律事務所に勤務、海の王子と呼ばれている小室圭さんである。結婚されると黒田清子さんと同じように、宮家からは離脱されることになるという。平成生まれの眞子さんは、どうやら平成時代の最期の年での結婚になりそう。▲昨日は、もう一つの婚約ニュースが話題に取り上げられていた。ボクシング一家に生まれた井岡一翔選手の話題である。同選手は、世界最速で三階級制覇した逸材で、お相手は、歌手、女優などのマルチタレント谷村奈南さんである。2年間の愛を実らせ婚約した。谷村さんは北海道生まれで大阪育ち、青学大卒で、海外での生活も経験している。ファンには嬉しいニュースだろう。▲大相撲夏場所で、負傷を押して出場している横綱稀勢の里は、初日黒星スタートだったが、二日目、三日目と何とか白星を重ねている。昨日は、土俵際まで追い込まれながら、一本足で必死にこらえて逆襲、何とか逆転勝ちした。大変嬉しい勝利だが、先が長いので心配でもある。▲もう一つ、筆者が好きなタレント三浦奈保子さんの嬉しいニュースである。週明けの月曜日に放映されたテレビ朝日のクイズ番組で、彼女が、強敵、カズレーザーやライバルの天明麻衣子さんらに逆転勝ちして、同番組で2度目の優勝を果たした。優勝を決めた最後の問題が、「『最終楽章』を片仮名で何というか?」だったが、少し心配そうな表情を見せていたが、「フィナーレ」と正答して、見事にフィナーレを飾っての勝利だった。最近、二児の母になったばかり多忙なはずなのだが、少し前には、「タイムショック」でも優勝をするなど、クイズには更に強くなっているのが不思議だ。▲嬉しいニュースは精神面に和やかさを提供してくれる素晴らしい贈り物だ。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重、64.2kg。▲このところ、散歩からご無沙汰している。庭の雑草との闘いに時間を割いているからなのだが、…。足、脚の衰えに不安が残る。(17-05-17)

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE