プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

2902 つれづれなるままに

 今朝は、キーワードやテーマを設けずに、だらだらとした締まりのないおしゃべりである。こんな形式は初めてのトライアルで、お気に召すか心配だ。

1.独り言コラム
 今、ちょうど朝の3時過ぎである。テレビでは、たまたま読売テレビの「ナイトパーク、読響の定期演奏会」の時間で、それを聴きながらこのプログを書き始めた。演奏されている曲は、モーツアルトピアノ協奏曲で、ピアノを担当しているのは、河村尚子さんという方で、なかなか聞かせてくれている。指揮者はラドミルエリシユカさんで、世界的に有名な方だそうだ。▲クラシック音楽と言えば、NHKラジオの日曜の朝8時5分からの皆川達夫さんの解説による「音楽の泉」が、筆者には、今では唯一の接する機会である。いつも、病院へ向かう車の中で聞くのだが、じっくり聞いていると心が洗われるようで、なかなかいいものである。▲それとは対照的な番組が、騒々しいトーク番組だ。有名タレントの中でトークを売り物にしている何人かに興味を持っている。かつては島田紳助氏が、その世界のカリスマ的な存在だった。今、それを受け継いでいるのが、お笑いのクリームシチューの上田晋也氏だ。テレビ朝日のクイズ「ミラクル9」やフジテレビの「ペケポン」の司会での活躍ぶりはなかなかである。同氏のキーワードをタイミング良く駆使しての立て板に水のおしゃべりはなかなかのものである。▲同じおしゃべりでも、日テレ系の「さんま御殿」に代表される明石家さんの場合は、毒にも薬にもならないトークだが、単純に笑いを求める視聴者には、それなりの面白さを提供してくれている。筆者も時々気分転換で見ることがある。▲司会を務めながらの魅力的なトークと言えば、黒柳徹子さんや阿川佐和子さんがいる。場の作り方、相手からうまく答えを引き出す巧みな質問の仕方などは、話術の「粋」であり、素晴らしい「芸」でもある。▲コメンテーターの中にも、トークのお上手な方が少なくない。中でも、桜井よしこさんは知識の豊富さ、説得性のある喋り方では抜群の存在だ。一方で、何事にも卒なく、無難に饒舌に応えて、うまくこなしているのが、「気がつけば騎手の妻」の吉永みち子さんだ。かつての筆者は、彼女の毒にも薬のもならないおしゃべりが気に入らなかったが、今では、それなりに評価している。土曜日の朝のTBSの「朝チャン・サタデー」では、ライバルの田村美寿々さんらを押しのけてレギュラーを奪取している。▲それにしても、最近のNHKは随分と変わった。民放で育ったタレントさんを多く起用しているのにびっくりである。土曜夕方の7時半からのクイズ番組の「ピカッチ」では優木まおみ、渡辺直美さんを起用している。悠木さんは、如何にもNHK好みのタレントさんだが、一方の渡辺直美さんのNHK出演にはびっくりだった。しかし、彼女も、その体型をうまく使って演じているし、頭の回転もしっかりしていて期待に応えているようだ。▲また、ラジオでは、ウイークデイの午後1時からのワイド番組「午後のまりあーじゅ」、略して「午後まり」の山田まりあさんもなかなかお喋りの上手なタレントさんだ。筆者は車の中で聞いているのだが、淀みないそのおしゃべりには、それなりの魅力がある。▲昨日は夕方の5時前のコーナーで、挨拶用語の一つとして有用な「なるほど」という言い方を話題にしていた。無難な相槌の打ち方である。その話に、思わず会社時代の優秀な後輩が、その言葉を多用していたのを思い出した。なかなかトークがうまい後輩だった。▲或るとき、二人で飲んでいた時に「君は、何か言えば、なるほどだね」と失礼なことを言っていた。この後輩は、その後に社長に就任した優秀な男だったが、思わぬ病に倒れ、若くして亡くなったのが思い出されて胸が熱くなった。改めてご冥福をお祈りした次第だった。▲クラシックからご冥福まで、話題はくるくる変わったが、何の主張もないブログに、何故かさっぱりした気分である。

2.昨日の雅子
 この日も、午前中に37.8度の熱が出た。このところのいつものパターンである。息苦しそうな症状が長く続いており、本人はずっと苦しんでいる。気の毒だが打つ手がない。吸痰してもらうと一時的に治まるが直ぐに元に戻る。夜中はどうなのか、帰り際にとても気になるが、いつも心を鬼にして帰宅している。▲昨日、筋向いの方に、雅子の夜中の様子を聞いてみると、時々「おとうさん」とか「苦しい」と声を出しているという。言葉がしゃべれない雅子の事を思うと俄かに信じられない。看護婦さんに確認してみたが、そんな事は知らないという。

3.今朝の一考
 2時半起床。6時推定での体重は62.2Kg。お天気は、曇り一時雨の予報である。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP