プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

2087 9月決戦

 総理を選ぶ代表選、総裁選のほかにも幾つかの興味ある決戦が予定されている9月である。

1.独り言コラム
 今、国会は閉会同然である。民主党の代表選、自民党の総裁選が当面の大きな課題となっていて、その成り行きが注目を集めている。10月に開く臨時国会で衆議院解散が行われ、11月に総選挙が想定されるだけに、差し当たっては、次の総理大臣の行方が国民の大きな関心事である。最新の世論調査では、自民党が第一党になりそうと言うことで、自民党の総裁が総理に就任する可能性が高い。(以下、文中は敬称略)
 それだけに、民主党の代表選よりも、自民党の総裁選の方が国民の注目度が高い。目下、有力候補者には、現総裁の谷垣禎一、幹事長の石原伸晃、それに、年齢的に見て、この機会が最後と思われる町村信孝、防衛問題に精しく、政策に強い石場茂、更に再登板を目指す安倍晋三などである。
 この中では、筆者は、心情的には、今まで野党の総裁で苦労して来た京都府出身の谷垣禎一の再選を期待するが、どうもお坊ちゃんの匂いが残っていて線が細いと言った不安がある。党内では、幹事長の石原伸晃の人気が高いようだ。しかし、前にも書いたが、筆者は、好きになれない政治家の一人で、言ってみれば、アンチ石原の立場である。
 筆者の見方は、昨日もこの欄でも書いたが、安倍氏の再登板の可能性が高いのではないかと見ている。大阪維新の会とも違和感が無いようで心強いサポートを得ているようだ。果たして、誰が勝ち上がってくるのか、興味津々である。
 一方の民主党の代表選は、流れの上では、選挙管理内閣のような立場になるだけに、候補者として、積極的に名乗りを上げる人はいないようで、場合によっては、野田佳彦代表が、そのまま無投票で再選されることもありそうだ。まあ、言ってみれば、渦中の栗を拾う人はいないということなのだろう。田中真紀子の名前が挙がっているようだが、冗談はよしてもらいたい。いずれにしても、政界の9月決戦は重要で、その行方から目が離せない。
 スポーツ界でも9月決戦は幾つか興味ある戦いがある。先ずは、プロ野球のペナントレースだが、セ・リーグは巨人軍の優勝がほぼ決まりだが、CSシリーズ出場権のある3位争いが今も熾烈だ。ヤクルトか広島で、人気の阪神は完全に脱落のようだ。筆者は、今年は広島の応援に回りたい。若い選手が順調に育っているのが頼もしい。一方のパ・リーグだが、ここは今も激戦だが、西武が一歩先んじていて、3位争いは、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの3チームに絞られている。そんな中で、昨年末に大物を多く放出したソフトバンクが今年も頑張って上位争いをしているのは大したものだと思う。
 スポーツ界でのもう一つの9月決戦は、大相撲秋場所での大関日馬富士の綱取り決戦だ。昨日行われた横綱審議会の総見で、注目の日馬富士は体調の良さを披露していた。どうやら、連覇して横綱昇進を果たすのではなかろうか。それにしても、日本人大関の琴奨菊、稀勢の里の頑張りが今一つなのが物足りない。
 さて、もう一つ注目の決戦が始まっている。尖閣諸島の買い取りを巡る東京都と日本国の戦いである。昨夜、東京都の測量船が沖縄から現地に向かった。今朝には現地に到着しているはずである。辛口のコラムニストの勝谷誠彦も同乗しているようで、同氏の今朝のブログが楽しみだ。買い取りのための測量目的でも上陸を認めない国と、それでも測量を敢行する東京都との戦いは興味深い。来月には石原慎太郎知事も測量部隊に加わって現地に向かうと言う。どんな展開になるのであろうか。
 余談だが、総理を目指す自民党の総裁選での石原伸晃、そして国に戦いを挑む石原慎太郎、この親子の構図が、9月決戦、或いはその後の決戦の大きな鍵を握っているといえそうだ。野次馬的には面白い展開となりそうだ。

2.難病との戦い、昨日の雅子
 昨日は朝から大変だった。病室に入ると雅子の苦しんでいる声が聞こえた。ベッドに駆け寄ると痰が溢れている。うまくブロックができていなくてパジャマまでびっしょり。急いで看護婦さんを呼んで吸引。その後、介護士さんにパジャマ交換。朝の検診で体温が38.6度ということで、急遽、採血、X線写真などの検査が行われた。その結果、炎症が確認されて抗生剤の投与、…。炎症対策のいつものパターンの対応を頂いた。
 帰り際には熱が平熱に下がっていたが、バタバタした一日だった。気になるのは、この種の炎症になる頻度が増えて来ていることだ。

3.今朝の一考
 4時半起床。体重61.7Kg.今日のお天気も、腫れたり曇ったりのようだ。
関連記事
スポンサーサイト

<< 2088 こう着状態に一発 | ホーム | 2086 虹は七色 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


総裁選 谷垣氏は準備出遅れ

馬鹿ばっかで [げっそり/]何を必死になって総裁選に力いれてんだか理解に苦しむしか無い有権者の一人だけど、国会空転させてまで争うほど本当に魅力的な権力なのか [?/]確かに民主党


 BLOG TOP