プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

2425 火に油を注ぐ

 日本と中国で同時に、同じ内容でのアンケート調査が行われた。それによると、相互に相手国に対しよく思っていないことを示す数字が高くで出ている。その理由の中身を見ると、やはり、尖閣問題が、両国間の嫌悪感に、火に油を注ぐような形で広がっていて、仲の良くない大きな要因であることが、今年も裏付けられた。

1.独り言コラム
 沖縄の米軍ヘリコプターHH60が基地内の演習場内の山中に墜落した。訓練任務中で、ヘリには4人が乗っていたが、3人は脱出したが、一人は不明であるという。この機体は、世界で広く使われてロングセラーの機体だそうである。この機体での事故は、本土復帰の1972年以降で12件の事故が起きている。折しも、オスプレイの追加配備が行われている最中であり、タイミングが悪い。このことが、県民の反対運動に、火に油を注いだ形になりそうで心配である。安倍総理にまた難題が加わった。沈静化は容易でないと思われる。
 滋賀県東近江市で、消火訓練中に爆発が起こり、火のついたアルコールが飛散し、10人が負傷した。この事故は、リハーサルが終了後に、本番用のエタノールを注いだ瞬間の事故だった。どうやら、リハーサルでの火が残っていたものと思われる。冗談ではなく、文字通り、火に油を注いでしまったようだ。
 大韓航空機763便、ボーイング737が新潟空港で滑走路をオーバーランする事故が起きた。幸い、乗客、乗員115人には、けが人はなかったようだ。しかし、事故内容次第では、今のぎくしゃくしした日韓関係に、火に油を注ぐ心配があったが、大事には至らなかったようだ。
 さて、先の選挙で大敗した民主党は、何をやっても、政界に火に油を注ぐような影響力はない。それでも、何かと党の再生をかけて、ごちゃごちゃした動きが相次いでいる。一つは、例の社会保障制度の三党合意から、自分たちの最低賃金制の内容が含まれていないという理由で、三党合意から離脱することを決めて、批判を浴びている。それというのも、この政策は、元々、民主党が、この指止まれということで、当時の野党だった自民、公明に呼びかけたもので、その張本人が抜けるというのは話にならない。だからと言って、今の民主党には、大した影響力は無いので、単なるお遊びにすぎないと思う。
 その民主党では、輿石東氏が参院の副議長に選ばれてことで、その後任の参院会長を選ぶ選挙が今日行われる。昨日の告示で二人が立候補した。一人は輿石氏に近い、軍司昭前農相であり、今一人が反輿石の北沢俊美元防衛相である。言ってみれば、今回の選挙は、輿石体制への総括選挙である。選挙は、欠席者を除く民主党参院議員の57人の投票で今日決まる。いずれにしても、民主党内でのコップの中の争いで、話題そのものも、その規模は限定的である。気の毒だが、今の民主党には、政府に火に油を注ぐような影響力はない。

2.難病との闘い、昨日の雅子
 朝方、少し熱があったが、10時頃には平熱に戻っていた。午後には車椅子での散歩。その後には口腔クリーニングを受けた。気掛かりは、痰での苦しみが続いていることで、大変気の毒である。

3.今朝の一考
 2時半起床、体重は61.9Kg.お天気は、午後には晴れそうだが、それでも一時雨の可能性もあるという。
関連記事
スポンサーサイト

<< 2426 そういう問題ではないでしょう | ホーム | 2424 不公平な条件下での戦い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/06 09:02)

東近江市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。


 BLOG TOP