FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

2934 気になるニュース

 ニュースもある種の連続ドラマである。昨日から今朝にかけて、今後どうなるのだろうかと先行きが気になるニュースが幾つかあった。。なお、今日は、今年度総括シリーズはお休みする。

1.独り言コラム
 世界の科学界を震撼させたSTAP細胞論文に関し、理化学研究所の調査委員会は、昨日、その結論として、ES細胞が混入したものであると断定した。しかし、誰が混入させたかについては分からないとしている。▲渦中の小保方晴子氏は姿を見せなかったが、若し、彼女が、すぐに分かり、人生を破滅させるような馬鹿なことをしていたのなら、その意図が何辺にあったのか、全く理解できない。優秀な研究者の自殺者まで出したこの事件、スキャンダルにしはスケールがでか過ぎる。▲公明党が、大阪都問題の扱い方で、急遽方針転換を行った。やはり、先の衆院選に際し、維新の党との間で、裏取引があったことが明らかになった。公示直前で、橋下徹市長と松井一郎知事が立候補を急に取り止めた理由が判明した。さあ、大阪都の問題は、どんな展開を見せるのであろうか。▲西之島がどんどん大きくなっていて、この1年10か月で10倍に成長し、東京ドームの49倍になったという。火山活動は今も続いていて、1分間で5~6回の噴火が起きているようだ。どこまで成長するのだろうか? ▲翁長沖縄県知事が上京したが、安倍総理や菅官房長官には面会できなかったようだ。山口沖縄北方大臣が応対したが、来年度の振興策予算について話すに止まったようだ。辺野古問題が関わっていて微妙な話である。▲昨日の毎日新聞朝刊のコラム「余禄」と日経新聞朝刊のコラム「春秋」が奇しくも同じ話題で、同じチャップリン主演のヒットラーをモデルにした映画「独裁者」を引用し、北朝鮮の金正恩第一書記の暗殺を描いた「ザ・インタビュー」の上映の話題を取りあげていた。偶然だろうが、五大紙の二紙が、ほぼ同じ内容のコラムというのは珍しいが、この話題は、今後気がかりの話題の範疇外である。▲「気になる」というのは、心配なこともあるが、楽しみを提供してくれることもある。

2.話の広小路
 毎朝、祭壇に掲げている弘子の遺影に向かって話かけるのが日課になりつつある。通院していた頃は、ベッドにいる弘子に話しかけていたと同じスタイルである。祭壇では弘子の反応を伺うことはできないが、そうすることで、なんとなく精神的に落ち着くように思う。▲先日の二七日の際に、お骨納めを母親の命日であり、弘子の100日忌でもある3月21日に行うことを住職に申し入れたが、弘子のお骨納めは切り離し、もう少し先延ばししたいと思うようになっている。その方が少しでも寂しさを紛らわせられそうだ。やわな男である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 2935 世界を驚かせた事件・スキャンダル | ホーム | 2933 筆者の熱烈なファンの総括。郷田九段王将戦挑戦者に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP