FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3070 愉快犯

 理解しにくい厄介な事件が相次いで起きている。愉快犯の仕業だろう。許せない。

1.独り言コラム
 今年に入って、神社やお寺などで、世界遺産、国宝、文化財などが油状の液体で汚染される事件が多発し、全国的な広がりを見せている。いったい、誰が、何の為に行っているのか、文化財保護法違反であり、厄介な社会問題である。▲加えて、先月末には、熊野古道において、「大雲取越え」近くに鎮座する円座石の前面を覆っていた苔が、ほぼ全面はぎ取られる事件が発覚した。元に戻るには3年はかかるという。▲そんな中で、一昨日、大阪市平野区の市道で道幅いっぱいに並べられたコンクリートブロックやレンガに原付バイクが乗り上げて転倒、運転していた男性が左肩打撲の怪我を負った。道路は片道一車線直線で、ブロックと素焼きのレンガ20個が道をふさぐように並べられていた。いったい、誰が何のためにやったのか。現場の状況から見て一人でやるのは難しそうで、複数犯と犯行と思われる。幸か不幸か、今回はたまたま軽傷で済んだが、転倒の仕方次第では、死亡事故にもつながりかねない危険な妨害であり、殺人罪の適用にも繋がる悪質な行為である。許せない。▲ところで、話は変わるが、大阪都構想に関する住民投票が、目前に迫って来ている。昨日の新聞各紙の世論調査では、都構想に「反対」が優勢であるとの結果が出ている。もともとこの都構想は、橋下大阪市長が大阪市民のために思い切って打ち出した施策である。もし、このまま負けてしまうと、この提案そのものが、あたかも愉快犯の仕業だったと揶揄されてしまうことになりかねない。土壇場の追い込みでの逆転での都構想成立を期待している。

2.PB(私事)コーナー
 3時起床。体重62.9Kg。▲朝、仏壇でお参りし、亡き妻に朝の挨拶をし、昼間はファミレスで数時間過ごし、夕方に散歩するという一連の生活のパターンに戻った。昨日の散歩は、自宅から皇子山公園の初めてのコース(3.6km)を歩いた。途中の皇子山球場では、丁度、関西六大学野球の近大―立命館の3回戦が行われていた。ちらっと見えたスコアボードでは立命がリードしていた。観客はほとんど入っていないようで、試合は静かな雰囲気の中で行われていた。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3071 粘り強く戦った政治家たち | ホーム | 3069 負けちゃいました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP