プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3111 悪夢

 今日が、日韓国交正常化50周年記念日である。朴槿恵大統領の就任以降、最悪の日韓関係が続いていたが、ここに来て、徐々に雪どけの兆しが見え始めている。しかし、その一方で、ここ数日間、日本のスポーツ界では、思わぬ悪夢が多発している。

1.独り言コラム
 今朝未明のヤンキースの試合で、故障から復帰して4試合目の登板をした田中将大投手が、初回に2本のホームランで4点、2回にも2死満塁から適時打を浴びて2点を失うといった悪夢のような試合展開となった。結局、5回まで投げ切ったが、ヒット10本(内、ホームラン3本)を食らって、大量7点を献上の悪夢の降板だった。▲ドイツで行われているテニスのグリー・ウェバーオープンでは、その準決勝に駒を進めていた錦織圭選手が、土曜日の深夜(日本時間)に行われた試合で、怪我で試合開始直後に棄権するという悪夢に襲われた。この日の錦織選手は、前日の試合で痛めた左ふくらはぎをテーピイングして出場したが、それが悪化したことでの決断だった。今月末にはウインブルドン大会が始まるが、その怪我の具合が大変心配である。▲プロ野球では、セ・パ交流戦前までは、セ・リーグの首位を走っていた横浜DeNAが、それまでの貯金を全部使い切る12連敗を喫して、借金生活に入った。まさに悪夢である。昨日は、幸か不幸か、雨で試合中止となったのは神様の配慮なのだろうか?▲ゴルフの全米オープンでは、松山英樹選手は予選を通ったが、それ以外の日本人選手は全て無念の予選落ちだった。中でも期待された石川遼選手は、荒れに荒れて9オーバーという悪夢のような結果に終わった。デビュー当初の華々しい活躍が今は昔である。▲大相撲の人気力士だった元大関貴ノ浪の音羽山親方が急性心不全で、滞在先の大阪で亡くなった。43歳の若さだった。同力士には、2度の優勝実績があり、スケールの大きい相撲で人気を博していた。まさに、悪夢の急逝心不全だった。▲梅雨の真っ只中の日本列島だが、大気が不安定で全国で局地的な豪雨が起きている。ここ大津でも、昨日の明け方の豪雨は、今までにない悪夢のような激しいものだった。この雨で、すべての悪夢を洗い流して欲しいものである。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重62.4kg。▲妻に先立たれての一人生活は、正直言って寂しいものである。毎朝、仏壇の前に置いてある妻の笑顔の写真が唯一の救いである。毎朝、声を掛けて挨拶するのが日課が定着している。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3112 発見! 癒し系の知的美女 | ホーム | 3110 ニュースの中の数字を楽しもう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP