プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3122 ラッキー&アンラッキー

 人生、世の中には、ラッキー、アンラッキーは付きものである。それらが介在することで、思わぬ展開が起きることで、時として涙の感動ドラマが誕生ことになる。

1.独り言コラム
 昨日のW杯女子サッカー準決勝での「なでしこジャパン」の勝利はお見事だった。後半はイングランドの強い攻めを幾度も凌ぎ、堪えに堪えての我慢の勝利だった。▲大接戦の中で、どうやら延長戦になるだろうと思われていたロスタイムで、思いも寄らなかったドラマが起きた。なでしこの川澄奈穂美選手がゴール前にクロスを出したのを、相手選手がクリアに失敗してオウンゴールとなるラッキーを得たのだった。一瞬、見た目にはボールが跳ね返されて出てきたように思われ、ゴールしたかどうかがはっきりしなかったが、審判のコールで大きな歓声に変わった。▲ラッキーとアンラッキーは裏表一体であり、歓喜のなでしこチームと対照的に、イングランド選手はがっくりと落ち込んだ。戦い終えた後も、オウンゴールをした選手が涙で起き上がれず、多くの仲間がそれを慰めていたシーンが印象的だった。こうした場合の「涙」は国境を越えて世界共通であることを改めて実感した。▲かくして、なでしこは、オリンピックを含めると3回連続でアメリカと優勝を争うことになった。過去の対戦成績は絶対的に不利だが、大舞台での勝負は分からない。今度はラッキー電でなく、実力でのなでしこの2連覇を期待している。▲新幹線でガソリンをかぶって自殺を図った事件は衝撃的だった、巻き添えを食らって亡くなった横浜市の整体師、桑原佳子さんはアンラッキーの最たる犠牲者となった。彼女は、その亡くなる直前に、自身のフェイスブックに「今日は、これまでの平穏無事のお礼参りに伊勢神宮に伺います」と投稿されていたと言う。何とも痛ましい巻き添えだった。気の毒で涙も出ない。心が痛む悲しい事件だった。▲自らが今年の目標にして期待していたウインブルドン大会を2回戦で棄権することになった錦織圭選手の悔しさは、無念で誠に気の毒なアンラッキーな展開だった。勝負事は健康体の確保が前提のようだ。▲安倍総理が大事な安保法制の国会審議に置いて、憲法調査会からの違憲発言、更には党内若手からの報道機関に圧力を求める発言といったオウンゴール的な展開で足を引っ張られている。これは、ギリシャの債務問題同様に、アンラッキーといった類のものではなく、自ら撒いた種の仕業である。どう克服してゆくか、しっかり見守りたい。▲評判の悪かったオバマ大統領がここに来て、その評価で著しい回復を見せている。半世紀以上断絶していたキューバ―との国交を回復に漕ぎ着けたのである。同氏の見せた最後の手腕だと評価できようが、同時に、世界の潮流がそれを後押ししたラッキーがあった事も否めない。▲貯金を「3」にして久しぶりにトップに立った阪神タイガースだったが、それまで7勝2敗と圧倒していたヤクルトに3タテと食らって虎の子の貯金が無くなった。これには、四球、エラー等が絡んだアンラッキーもあったが、監督の用兵、采配に責任があることは否めない。▲何事においても、アンラッキーという因子は、どこかに潜在しているようだ。それを顕在化させてしまうアンラッキーを抑えるには、どうしたらいいのだろうか。誰もが知りたい秘術だが、どうやら、神のみぞ知るの世界のようだ。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重は62.4kg。▲大津市内には100メートル以上の高層ビルは2棟あって、プリンスホテルと大津京駅前のファーストタワーである。しかし、3番目に高いビルについては承知していなかったので、ネットで調べた結果、大津駅の傍にあるプラウドタワー大津で、96.1メートルであることを知った。昨日の散歩は、そのビルを確かめるために大津駅まで往復した。歩行距離は7.5kmだったが、快調な歩きで、結構楽しめた。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3123 新婚さんいらっしゃい | ホーム | 3121 新アポロギリシャ神話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP