プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3135 喧噪の果て

 永田町と福岡県のミカン園で大きな騒ぎの出来事があった。いずれも見るに堪えない喧噪劇で、一般国民には、いわゆる「目の毒」だったと言えよう。

1.独り言コラム
 永田町で、また、いつか見たあの喧噪の光景が再現されていた。これが神聖な国会審議なのかと目を覆いたくなった。安倍総理のファンであった筆者も、事ここに至ると言葉がない。▲敢えて言えば、国民の安全と財産を守ることに、責任感を持つ闘志溢れる宰相の強固な意志の証なのだろう。それにしても遣り過ぎであると言わざるを得ない。政治史にまた大きな汚点を創った。▲それにしても、連立政権を一方である公明党の対応は、支持者の期待を大きく裏切るものだったのではなかろうか。▲願わくば、将来において、あの時の判断が、良かったと評価される日が来ることを願って止まない。▲話は変わるが、九州の東九州道椎田南IC-豊前IC間にあるミカン園を強制収容する行政代執行が昨日着手された。県職員200人態勢で、園主の岡本栄一さんが築いたバリケードなどを撤去、必要な作業が行われた。17年間もここに居座って頑張って来た岡本さんも、職員に抱え上げる姿は痛ましい。▲この二つの出来事は、スケールや訴える内容も天と地の違いがあるが、共に、主人公の意志の固さが生んだ喧噪ドラマで、悲しい気持ちにさせられた出来事だった。

2.プライベートコーナー
 将棋中継を見ていてそのままブログを書いた。(AM2時)。体重は63.2kg。 配信後にひと寝入りする。▲台風の接近で、17日に予定していた上京の日程を一日早めて、今日の午後に変更することにした。宝くじには当たらないが、台風の進路とタイミングで正面衝突である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3136 列島は大揺れ | ホーム | 3134 歴史に残る熱い議論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP