プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3139 目立つ大企業の汚点

 大企業で意外なスキャンダルが明るみに出て、我々を驚かせている。

1.独り言コラム
 東芝がトップからの指示による利益水増し問題が発覚、経営陣の退陣が避けられない状況に追い込まれている。かつては電機業界のトップに君臨していた大企業だけに信じられないスキャンダルである。▲日本一の大企業であるトヨタでは、監査役に起用された初めての外国人女性、ジュリー・ハンプ氏が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されるというスキャンダルがあった。麻薬であるオキシドコンを保持していたというのだが、持病のお薬だったとの見方もあり、結果的には不起訴になった。しかし、世界のトヨタには手痛い汚点である。▲少し遡る話題だが、東洋ゴムでは、免震ゴムのデータが改ざんされていたことが明るみに出て、そのゴムが使用されていた多くの物件の手直しが行われることになった。▲データ改ざん事件では、医薬業界でも相次いで明るみに出ている。ノバルティスの降圧剤、ディオパンに次いで、武田薬品の降圧剤のブロプレスでも発覚している。命に関わる可能性もあり、とんでもない事件である。▲命に関わるということでは、エアバッグの性能に問題があるとして、製造メーカーのタカタがリコールの申し出を行った。対象車数は国内、海外を合わせると600万台を越す規模であり、大変なダメージである。因みに、タカタは、滋賀県の優良企業であるだけに残念である。一刻も早い立ち直りに期待したい。▲液晶で世界のトップ企業だったシャープが、経営不振に見舞われ、主力銀行から支援を受けて再建に懸命だが、その見通しは不透明である。長らくシャープのCMに起用されている女優の吉永小百合さんも、その心境は複雑なものだろう。▲平家物語の名文句、「盛者必衰の理を現わす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢の如し」のくだりが思い出される今日この頃である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。61.6kg。;▲千葉に来て4日目の昨日は、大先輩と友人の3人でお昼を共にし、夜には、当時若手だった2人の仕事仲間と痛飲した。思い出話に花が咲き、大いに盛り上がったふた時を楽しんだ。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3140 出版 | ホーム | 3138 安保法案を「戦争法案」とするレッテル貼りは遺憾である。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP