プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4153 日、英、米でのゴルフ決戦を楽しむ

 日曜日はゴルフツアーの最終日である。昨日から今朝にかけて3つのツアーを楽しんでいる。米国の男女のツアーでは、石川遼、宮里美香の二人の日本人選手が優勝争いに絡んでいたので、そのフォローから目が離せず、睡眠時間が無くなってしまっている。

1.独り言コラム
 昼間は日本女子オープンの大東建託の冠ツアーが山梨県の鳴沢ゴルフコースで行われ、原江里菜選手が、二人の韓国人選手を振り切って7期ぶりの優勝を果たした。思わず見せた涙が印象的だった。なかなかの美人ゴルファーである。なお、アマの新垣比菜さんが7位に入る快挙で、今後の活躍が期待される。▲英国、スコットランドの西海岸では、全英女子オープンの最終日が行われた。メジャーツアーで、38年ぶりの日本人選手の優勝をかけて宮里美香選手が奮闘したが、残念ながら、前日までに見せた好調さが見られず、その夢が叶えられることはなかった。特に、上り4ホールでの3ボギーが痛く、7位タイに終わったのは無念過ぎる。▲優勝争いは、終盤では二人の韓国人選手に絞られたが、この日、イーグルを含む驚異の7アンダーを出したべテランのInbee Park選手が、終始大きくリードして単独トップにいた新鋭のJin Young Ko選手に逆転し、堂々の優勝を果たした。それにしても、ここ数年の韓国人女子選手は、層も厚く本当に強い。▲一方、アメリカ、バージニア州ケインズビルで行われている米国男子ツアーでは、2日目を終わって単独トップにいた石川遼選手は、最終日は、首位と3打差の8位タイでスタートした。このところ、松山英樹選手に置いてけぼりを食らっているだけに、そのイメージ払拭と来期のシード権をかけて大事な最終日となっている。10番を終わった段階で、首位との5打差で、7位タイと頑張っている。5時からはNHKの生中継が始まる。更なる上位確保を期待している。▲久しぶりに、筆者には、ゴルフ視聴三昧の一日となっている。(AM4時55分現在)

2.プライベートコーナー
 全英オープンの中継を2時まで見ながらブログを書く。体重は62,8kg。その後うとうと、4時半再気象▲月の沙漠の一般の読者の方から、お供え物を頂戴した。手紙だけのやり取りの方だが、そのお心遣いに妻も喜んでいることだろう。仏壇の前の遺影を見る度に、彼女の優しさを思い出す今日この頃である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3154 若手8人衆の台頭/将棋界 | ホーム | 3152 空白の16時間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP