プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3176 執念

 執念には、いい意味の場合もあれば、よくない意味の場合もある。今朝は、筆者が最近見た執念の幾つかの事例を取り上げてみた。

1.独り言コラム
 米国男子ゴルフツアーで、松山英樹選手に大きく後れを取ってしまっていた石川遼選手が、意地を見せて、今期のレギュラーシーズンでの最終試合の最終日で、奇跡的な頑張りで31位に食い込み、ツアー通算ポイントで124位に浮上して、125位までに与えられる来季のシード権を獲得した。執念の賜物である。華々しいデビューだっただけに、来季の復活、大活躍を期待したい。▲落語家の林家こん平さんが、先日の日本テレビの24時間テレビで姿を見せて、例の持ち芸の「ちゃら~ん」をやって見せてくれた。多発性硬化症という難病と長期に渡って闘っている同氏が、舞台復帰への執念を見せてくれていた。作り物でない感動的なシーンだった。▲その24時間テレビで100Kmマラソンを完走したDAIGOも執念の走りだった。元総理の孫ということでちやほやされて育てられてきたという周りの見方への反発もあって、それなりの執念を見せたのだろう。▲大阪の寝屋川で起きた残忍な中学生殺人事件は、防犯カメラが記録した写真の徹底した解析から容疑者を割出し逮捕に漕ぎ着けた。刑事たちの犯人逮捕への執念が実ったもので、大阪府警の久しぶりの快挙であった。▲将棋界では、体調不良で1年間の休場を続けていた里見香奈女流名人が、今年の1月に復帰後は、無敗の21連勝を続けている。これは、女流棋界で中井広恵女流6段が持っていた19連勝を塗り替えたもので、彼女の勝負への執念が蘇った。「出雲のイナズマ」と呼ばれていた天才棋士の見事な復活である。彼女の強さは、女流棋界だけに止まらず、男性棋士と同じ世界でも戦っており、プロ棋士一歩手前の3段リーグに属している。ここ2年間は休場中であったが、この10月から始まるリーグ戦から参戦する予定だという。棋界初めての女性のプロ棋士誕生を期待している。▲安保法案の審議は参院に移っているが、いよいよ大詰めの終盤に入ってきている。民主、共産、社民等から戦争法案だとのレッテルを貼られ、厳しい質問攻めの安倍内閣だが、相手の誘導質問に乗ることなく、執拗に同じ答弁を繰り返す安倍総理には、この法案に賭ける執念がにじみ出ている。このまま押し切ることが出来るのだろうか。▲最後に、例によって私ごとだが、筆者が初めての推理小説「執念」を出版したのは、今からちょうど10年前のことである。日米合弁企業の覇権争いをテーマにしたものだ、文字通り、筆者の物書きへの執念の証だが、今は昔の話である。

2.プライベートコーナー
 5時起床。体重63.3kg。昨日の最高気温、25.8度(前日比-5.8度)と大幅に下がった。▲体調は悪くないが、株の暴落が止まらず、気分はよくない。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3177 せめぎ合い | ホーム | 3175 チャイナショック >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP