プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3193 お詫び

 企業のトップが並んで一斉に頭を下げてお詫びする事例は枚挙に暇がない。それも、申し合わせたように、10秒以上の長い時間、じっと頭を下げているパターンが常態化している。▲今日は、最近話題になった謝罪の事例を幾つか取り上げますが、本題に入る前に、関東から東北まで拡大している堤防決壊による痛ましい水害の話題をパスさせて頂くことを、先ずはお詫びしておきたいと思います。

1.独り言コラム
 今年の戦後70年の節目の安倍総理の談話が世界的に注目されていた。村山談話がイージーに使用した「植民地支配」、「侵略」、「反省」、「お詫び」の4つのキーワードの扱いが焦点だった。▲それに対し、安倍総理は、「歴代内閣の立場は揺るぎ無いものである」と巧みにすんなりと受け流し、その一方で、「あの戦争に関わりのない子や孫、そしてその先の世代の子供たちに謝罪を続ける宿命を負わせてはなりません」と釘を刺した辺りは、ポイントを稼ぎ一定の評価に繋がった。▲然るべき評価を得た安倍総理も、安保関連法案の特別委員会で、辻本清美委員の質問中に「早く質問しろ」とつまらぬヤジを飛ばしたことが咎められ、結局は謝罪する羽目になった。▲米国でも、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が、来年の大統領選挙を睨んで、長官時代に公務に私用メールアドレスを使っていた問題について、このほど「間違いだった。申し訳ない。」と謝罪した。このところの支持率低下で方針を変更したものである。▲教え子に試験問題を漏えいしたことで、守秘義務違反容疑で捜査を受けている青柳幸一明治大法科大学教授の事件に関し、明治大学の福宮賢一学長は、9日夜、都内で「司法試験制度の根幹を揺るがしかねない事態で社会の皆さまにお詫びする」と謝罪した。▲2020年東京オリンピックのエンブレム白紙化問題で、佐野研二郎デザイナーは、当該デザインにはパクリは無いことを強く否定する一方で、「エンブレムのデザイン以外の私の仕事において不手際があり、謝罪致しました。この件については、一切の責任は自分にあります。改めて御迷惑をかけてしまったアーティストや皆様に深くお詫びいたします。」と謝罪した。▲こうした一連のお詫びの事例を見ていると、強者は、単純に頭を下げてのお詫びはしない。お詫びの仕方にも、先を見たそれ相応の工夫、訴えなどが必要だ。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重63.4kg。最高気温は27.2度(+1.1)▲久しぶりに爽やかで過ごし易い一日だった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3194 パクリ | ホーム | 3192 鬼気迫る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP