プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3197 一強の世界

 対抗馬がいない世界が幾つか存在する。一人っ子が増えている今日この頃だが、教育上気掛かりなことでもある。

1.独り言コラム
 プロ野球では、セ・リーグの混戦に比べて、パ・リーグはソフトバンクが独走で間もなくゴールインである。開幕前に優勝候補と期待されていたオリックスの不振が大きく、日本ハム、西武も今一つの成績だったが、一強の世界を作ってしまった。それにしても、就任一年目の工藤公康監督の手腕はなかなかで、新しい監督としての歴史を築き上げるのではなかろうか。▲テニスの世界では錦織圭選手が世界ランク4位入りをして話題になったが、この世界ではやはりジョコビッチ(セルビア)の一強時代が続いている。今年の4大大会でも全仏オープンを除く3大会で優勝するなど、先の全米オープンでの優勝で、4大大会で10度目の優勝を成し遂げた。まだまだ一強時代は続きそうである。▲女子レスリングの世界では、53キロ級の吉田沙保里選手と58キロ級の伊調馨選手が凄い。世界選手権では、吉田選手は16連覇、200連勝、伊調選手は1度目の優勝で向かうところ敵無しである。二人の一強時代はリオ。オリンピックまでは続きそうだ。▲陸上の短距離では、ジャマイカのウサイン・ボルト選手の一強時代が続いている。先の世界選手権の北京大会でも、アメリカのガトリン選手が対抗馬として期待されたが、軽く一蹴されて及ばなかった。日本人選手も、今大会では3選手が準決勝まで駒を進めて期待されたが、ファイナリストにはなれなかった。怪我で休んでいた桐生祥秀選手が復帰して生きており、リオに向けての活躍が期待されている。▲大相撲界では長く白鵬の一強時代が続いていたが、始まったばかりの秋場所で初日から2連敗して3日目から休場た。横綱になって49場所目での椿事である。白鵬一強時代の終焉となるのであろうか。▲自民党の総裁選は、野田聖子氏が対抗馬として出馬を画策したが20人の推薦者が集まらず、結局は安倍総裁の無投票当選が決まった。安全保障法案の採決が明日にでも行われようとしているが、ここを突破できれば、暫くは安倍総理の「一強時代は続きそう。但し、何が起きるか、一寸先は闇の世界であるだけに予断は許さない。▲囲碁将棋の世界では、井山裕太4冠、羽生善治4冠の一強時代が続いている。▲どんな世界も健全なライバルの存在は、その世界の発展、進歩、強化に必要なことだと思う。

2.プライベートコーナー
 1時半目覚め。体重(朝6時推定)63.2kg。昨日の最高気温は27.0度(―0.5)。▲一時の厳しい、猛暑日、真夏日が去って、過ごし易い夏日が続いている。妻のお骨納めを一週間後に予定している。改めて、早く逝ってしまったことへの寂しさを思う。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3198 持越し | ホーム | 3196 阿蘇山噴火/列島大揺れ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP