プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3203 取り零し

 広辞苑には「負けるはずもない相手との試合に負ける」とある。大辞林には「勝てるはずの相手に負けること」とある。この二つの表現の微妙な違いが面白い。

1.独り言コラム
 一昨日の未明に、ラグビーのW杯で日本が優勝候補の南アフリカに土壇場の逆転勝ちで大金星を挙げた。その余韻は、昨日一日列島を虜にしていた。五郎丸歩選手の名前が一気に全国に知れ渡った。負けた南アフリカにしては、とんでもない取りこぼしだったのである。▲大相撲秋場所は、照ノ富士の快進撃が続いている。その一方で、優勝のチャンス到来と来されていた稀勢の里は昨日も敗れて2敗となった。今場所はいけるのではとの雰囲気が出て来ると、その期待を裏切ることがあまりにも多すぎる。これだけ取りこぼしが多いと、優勝、横綱を奪取することは極めて難しそうである。▲プロ野球セ・リーグの優勝争いはなかなか面白い。このシルバーウイークに入って以降の阪神の12連戦が注目されているが、出だしのDeNAでは大きな取りこぼしの連敗、続く当面のライバルのヤクルト戦で1勝1敗に終わった。昨日の試合では初戦を勝って勢いをつけ、エース藤浪投手の登板ということで、ファンは首位奪還を期待したのだが、結果は期待を裏切る敗北となった。この敗北は取りこぼしではないが、手痛い敗北だった、終盤での失速ムードが漂い始めている。▲埼玉県熊谷市で起きたペルー人による6人殺害事件は、もとはと言えば、住居侵入の疑いで任意の取り調べを受けていた容疑者が隙を突いて逃走した後に起きた痛ましい事件だった。この逃走を許した取り逃がしは、明らかに埼玉県警の取りこぼしというべきお粗末な失策だった。▲将棋界では筆者がファンである郷田真隆王将が今期に入って絶不調で3勝7敗と大きく負け越している。大事なA級順位戦でも3連敗となっていて、降格候補の最右翼になってしまっている。はっきり言って取りこぼしが多いといえる内容だ。後半戦での巻き返しに期待している。▲安保法案に全力を尽くして成立を果たした安倍総理は、昨日はゴルフなどをして。山梨県鵜沢村の別荘で過ごした。10月に行う閣僚刷新人事の構想を練っているものと思われるが、法案への世論の支持が高まっていないだけに、その対応が今後の鍵となろう。当面の最大の目標は、来年の参院選で取りこぼさないことである。そのための秘策に期待したい。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重は62.3kg。昨日の最高気温は26.5℃(―0.1℃)。▲妻のお骨納めを行った。あまりにも早く逝ってしまった妻への愛おしさは深くて重い。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3204 ルーティン | ホーム | 3202 快挙/快勝/快進撃 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP