プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3205 勝つのは大変

 いわゆるシルバーウイークも終わった。この間いろんな戦いがあったが、目立った勝者、強者をピックアップしてみた。

1.独り言コラム
 W杯で南アに逆転勝ちをして、一躍脚光を浴びたラグビーだったが、昨日はスコットランドに完敗だった。五郎丸さんも三度のPKの機会を得たが、2度も失敗するという不出来な試合だった。果たして悲願のベスト8進出は出来るのだろうか。そんなに容易ではなさそうだ。▲混戦のプロ野球セ・リーグだが、阪神は巨人に連敗して、12連戦の前半を1勝5敗という不出来な結果に終わった。球団創設80周年の節目の優勝は大変難しくなっている。ここに来て、阪神の終盤での失速が今年も起きつつある。このままでは、和田豊監督の座が危うい。▲大相撲秋場所は、白鵬の休場でその盛り上がりが心配されたが、照ノ富士がその代役を果たしている。昨日まで全く危なげない勝ち星を重ねていて一人全勝で優勝街道を突っ走っている。どうやら、モンゴル時代は終わりそうにない。稀勢の里関のもろさは不変の様である、▲陸上短距離では、怪我から復帰した桐生祥子秀選手が、関東学生新人選手権で100m、200mで、いずれも堂々の優勝を果たしたが、記録が一歩及ばず、オリンピックの出場権獲得には至らなかった。▲ボクシングのWBCバンタム級王座戦で山中慎介選手(滋賀県出身)が辛勝し9度目の防衛を果たした。見ていてハラハラする際どい勝負だった。判定結果にほっとであった。▲岸田外外相がロシアを訪問したが、北方領土問題は握りつぶされたようだ。プーチン大統領の訪日も見えて来ていない。ロシアの強腰姿勢が目立つ。強腰と言えば北朝鮮も同様だ、懸案の拉致問題では無視したような対応が続いている、▲明日、オバマ大統領と習近平主席との会談が行われる。そこで、オバマ大統領が改めて日中関係の改善を求めるという。米中、どっちが強いのか。興味津津である。▲芸能界では、アグネスチャンが児童ポルノ根絶を訴えていることに対し、ツイッターで殺害予告を受けているという。脅迫は弱いものがするものだ。一方、北斗晶さんが乳がんを告白した。強い人間も癌は恐ろしい。プロレスで鍛えた強さで難敵を克服してもらいたい。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重は62.1kg。昨日の最高気温は28.1℃(+0.9℃)。▲夕方の散歩は、三井寺のお墓まで往復(5.4km)した。お骨納めをしたお墓に、今まで以上の愛着が芽生えている。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3206 訃報相次ぐ、川島なおみさんも逝く | ホーム | 3204 ルーティン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP