プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3224 勝負の季節

 一年を通していろんな勝負事がある訳で、敢えて勝負の季節というのは適切な表現ではないと思うのだが、この一週間には自分の関心の高い勝負事が数多くあることから、敢えてこの言葉を使わせてもらった。

1.独り言コラム
 ラグビーW杯、スコットランド大会では、日本は3勝1敗という好成績を残しながら、悲願のベスト8入りはならなかった。3勝も挙げてベスト8入りをしなかったのは史上初めてだそうだ。しかし、日本に多くのラグビーファンを誕生させたことで、大勝利だったといえよう。▲プロ野球では、ポストシーズンのCSシリーズのファーストステージが終った。巨人とロッテが、それぞれ阪神と日本ハムを2勝1敗で退け、日本シリーズへの出場を懸けて、それぞれリーグ優勝したヤクルト、ソフトバンクとの決戦に挑む。勝負の行方に注目したい。▲女性初の棋士を目指している里見香奈女流名人が、2年間休場していた棋士への登竜門である3段リーグに復帰し、昨日、そのデビュー戦となる2局を戦った。結果は2連敗の出だしとなったが、3月末までの18局に棋士への夢をかける。▲棋界では、名人位と並んで最高峰である竜王戦7番勝負が明後日から始まる。昨年のシリーズで誕生した糸谷哲也竜王に、一昨年まで9連覇していた渡辺明棋王が復位を目指して挑戦する。ちょっと気掛かりなのは、このところの渡辺棋王の調子が今一つであることだ。因みに、昨日行われた日本シリーズ準決勝戦では、三浦9段に敗れたし、王将位挑戦者を決める王将リーグ戦でも2連敗の出だしである。果たして、竜王復位は出来るのだろうか。筆者は糸谷竜王が4勝2敗で防衛するのではと見ている。▲一方、羽生善治王座と佐藤天彦挑戦者との間で行われている将棋王座戦の5番勝負では、第4局で羽生王座が逆転勝ちで2勝2敗のタイに持ち込んだ。タイトルの行方を決める最終局は来週月曜日に行われる。ここでは、勢いから見て、羽生4冠が何とか防衛するのではと見ているが、どうであろうか。▲現在、棋界には、およそ150名のプロ棋士がいるが、都道府県別に出身者を見ると、我が滋賀県からは、今までに一人の棋士も輩出していない。現在、その最初の棋士誕生の期待を担って里見女流と同じ3段リーグに貴重な一人が頑張っている。4期目を迎えている森信雄門下の荒木隆3段で、今期の出だしは1勝1敗である。総勢30人の戦いで、上位2人しか4段への昇格がない狭き門である。筆者は、里見、荒木の二人を密かに応援している。▲箱根駅伝の予選会が、今週末に例年通り、立川の昭和記念公園で行われる。9つの椅子を目指して49校が出場する予定で、ここでも狭き門の戦いである。このところ、7年連続で予選会を勝ち上がっている上武大学だが、今までは、本番では全く振るわず、最下位争いに終始していたのが面白く無かった。しかし、今年はこの予選会からの勝ち上がりがなかなか難しそうである。この辺りで、何とか滋賀県出身の花田勝彦監督の手腕を見せて欲しいものだ。▲総裁の再選を受けた安倍総理だが、内閣改造を断行したが、内閣支持率は上がっていない。安保法案を強引に成立させたことへの反発は大きいようだ。来年7月の参院選の大勝負を目指しての厳しい勝負の季節をどう戦うか、注目したいと思う。▲とにかく、勝負事は勝たねば話にならない。負けるが勝ちというのは、特殊なケースで、多くは負け惜しみの世界の話である。

2.プライベートコーナー
 2時半起床、62.4Kg.(前日比+0.1kg)。前日の最高気温22.4℃(前日比、+1.3℃)。▲お昼過ぎにお墓詣りを行った。今は頑張って、1~2回/月のペースで続けているが、何時まで続けられるか不安がある。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3225 取り消し | ホーム | 3223 意地 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP