プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3229 大丈夫?

 「大丈夫?」と言えば、新たに成立した安全保障法案、横浜で傾き始めたマンション、辺野古への基地移転問題など枚挙に暇がない。今回は、昨日あった新しい話題から拾ってみた。

1.独り言コラム
 まずは「大丈夫だった!」という話題から始める。注目の箱根駅伝の予選会が、昨日の午前に東京の立川で、49校が参加して行われた。10校の狭い予選枠を巡って激走が行われたが、筆者が注目していた花田勝彦監督(滋賀県彦根市出身)率いる上武大は予選枠ぎりぎりの10位で滑り込み、8年連続で来年のお正月の駅伝本戦出場を決めた。次点の国学院とは僅か10秒差という僅差であった。10人での合計の時間差が10秒ということは、一人1秒差が明暗を分けた。神様のいたずらとはいえ、1秒差でも勝ちは勝ちである。来年こそはシード権を確保して、このようなはらはらするレースから解放して欲しいものだ。ともかくも、幸いにも下手なダジャレだが、「上武大は大丈夫だった」である。▲パ・リーグのソフトバンクに次いで、セ・リーグでは、昨日ヤクルトが巨人を圧倒して14年ぶりに日本シリーズ出場を決めた。両チームは共に投打のバランスが取れた好チームであり、日本シリーズで激突が楽しみである。両チームの工藤公康、真中満両監督が、共に監督就任一年目で新鮮な組み合わせである。どちらの初陣監督が日本一を獲得するのであろうか。「大丈夫なのはどっち!」である。▲阪神の第33代監督に金本知憲氏が決まった。4年間務めた和田豊監督は、阪神一筋の真面目な監督だったが、終盤での失速というレッテルを貼ってしまった不運な采配が致命傷となった。さて、コーチ陣を一掃して登場する金本監督だが、交友関係で脛に傷を持っているのではとの噂があった人だけに少し心配である。大丈夫なのだろうか。▲マイナンバー制度が始まる。かつては国民総背番号制度と言われていた時代から、住民基本台帳制度を経ての新制度である。民主党政権下で決まったものだが、いざスタートとなると「大丈夫かい?」といった具合に何かと不安を論う(あげつらう)輩も少なくない。車の運転と同じで、最初はいろいろと心配することがあろうが、使っているうちに慣れてきて。その有用さが理解されてくると思う。とはいえ、情報の漏えい防止に万全を期してもらいたい。▲今使っているコンピューターのOSはウインドウ7であったのだが、かねてからウインドウ10への切り替えの誘いが画面に出てきていたので、昨日、思い切ってダウンロードしてインストールを行った。切り替えに2時間以上を要した作業で、「大丈夫かな?」と心配だった。やんぬるかな、使い始めは何かとうまくゆかなかったが、慣れるにつれて、その有用さがわかりつつある。何事も心配すればきりがない。大丈夫だと信じて行動することも大事であろう。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、体重は62,8kg。昨日の最高気温は23.8℃(前日比、+1.2℃)。▲昨日初めて。CPでニコニコ生放送で将棋中継を見た。今までは棋譜だけの中継見ていたが、テレビでみる中継と同じでなかなか楽しく、迫力があることを知った。人生の終盤に至って、楽しみが一つ増えたのは有難い。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3230 井山4冠に7冠制覇のチャンス再来 | ホーム | 3228 偽装/改ざん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP