プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3234 ドラフト会議、錯覚のガッツポーズ

 プロ野球界の一年のお祭りというべき恒例のドラフト会議が昨日の夕方に行われた。最近は、交渉拒否する選手が少なくなっているのはご同慶の至りである。

1、独り言コラム
 折からの巨人軍選手の賭博問題で球界が緊張する中での会議だったが、会議はちょっとしたハプニングはあったが、総じて無難に終わったようだ。好選手が揃う中で、1位指名が重複したのが高橋純平選手(県岐阜商)への3チーム(ソフトバンク、日本ハム、中日)だけだった。結局、ソフトバンクの工藤監督がくじを引き当てた。工藤監督はくじ運にも強い。▲元巨人軍の高田繁選手が持つ六大学リーグの最多安打記録を塗り替えた明大の高山俊選手は、阪神とヤクルトとの競合となったが、くじ運は阪神に幸いした。ハプニングは、このくじのオープン時に、ヤクルトの真中監督が錯覚してガッツボーズして喜びを表したのだが、お気の毒だった。明日からの日本シリーズで、工藤と真中の両監督の激突が始まるが、くじ運に関する限り、工藤監督が一歩リードした感じである。▲ドラフトと聞くと思い出すのが交渉を拒否して浪人を選んだかつての選手たちである。江川、元木、菅野、長野、内海などのジャイアンツ一辺倒の選手が目立つ。その他にも、福留、小池、新垣などの選手が、熱い話題を提供してくれた。▲本人たちには一生をかけた戦いだったと思うが、結果的には紆余曲折があったが、そのような頑張りにも関わらず、大成功した人は少ないように思う。PL学園でKKコンビと言われた桑田、清原両選手のように、信頼を裏切り、裏切られた歓迎すべからざるドラマもあった。▲ファンや評論家の中には、プロ野球という企業に就職し、それぞれのチームに配属されたと考えればいいのではという考え方を披露している方がいるが、それは、その方たちがあくまでも評論家という第三者である無責任な発言であると思う。そういう意味では、このドラフトをお祭りといった具合に書いた筆者も無責任な発言であり、軽々にいうべきではなかろう。当事者である本人たちには真剣勝負というべき避けられないイベントなのだからである。

2.プライベートコーナー
 1時半目覚め。体重は63,1kg。(6時推定)。昨日の最高気温は21.6℃(前日比、―3.7℃)で過ごし易かった。▲初めて京都の三大祭りの一つ、時代祭りを勉強させてもらった。朝8時半に平安神宮着。9時に御所に向かうパレードを見送って御所に先回り。パレードは10時に京都御苑境町御門から入苑、それを見届けて、烏丸御池付近で昼食を済ませ、しばらくぶらぶらして時を過ごし、1時頃に先頭グループの到着を待った。その後、再び先回りして平安神宮へ。そこでは4時頃まで、最終グループの到着を見守った。▲報道によると沿道の観客は5万人だという。静かな重みのある時代絵巻を我慢して(?)楽しんだ。▲この日の歩いた距離は10.5kmで、5月に散歩開始以来の最長不倒距離だった。▲2000人の方がパレードに参加したというが、見た目には高齢者の方も少なくなく、この大きな文化を維持してゆくのも大変だというのが実感だった。筆者も、結構疲れた一日となった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3235 和歌山県のトピックス | ホーム | 3233 琵琶湖の沖島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP