プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3236 「勢い」が決め手?

 総決算というべきいくつかの戦いが始まっている。勝敗を分ける要因の一つは「勢い」にあるように思える。


1.独り言コラム
 今年のプロ野球の総決算というべき日本シリーズが始まった。ソフトバンクは4番の内川選手が故障というハプニングが起きているが、入団4年目の武田翔太投手(宮崎日大高)の好投と松田選手の一発がチームの「勢い」を保って、堂々と先勝した。先日のドラフト会議でのくじの際に見せた工藤、真中両監督の明暗が結果を暗示していたとも見えるが、ヤクルトも最終回に畠山選手の一発が出て、このシリーズを盛り上げそうな予感がある。勝負はこれからだ。▲W杯ラグビーもベスト4の激突が始まった。日本に劇的な逆転負けを喫した南アフリカは、その後、「勢い」を取り戻し快進撃を続けていたが、18-20で惜敗した。「勢い」においてニュージランドに一日の長があったようだ。▲フィギュアスケートのグランプリ、アメリカ大会が、ミルウォーキーで始まった。初日のSPで、女子では宮原知子選手は3位、男子ではシニアのデビュー戦となった宇野昌磨選手は、4回転で転倒して4位でのスタートとなった。両選手ともに「勢い」において今一つだったようだ。自由演技での頑張りに期待したい。▲政界では、維新の党が、除名処分に対し解党決議をするなど分裂騒ぎで、みっともない泥仕合を展開している。一方で、最近の橋下徹大阪市長には、かつての輝いた「勢い」が見られない。来るべきダブル選挙で、大阪市民はどんな判断を下すのだろうか。▲中国が金利の切り下げを繰り返している。経済の伸びが7%を割ってしまい、昨年までの「勢い」が失せてしまっている。複雑な心境なのは、そんな中国にインドネシアが新幹線、英国が原発の商いを決めた。「勢い」を取り戻すことになつながるのだろうか。▲メキシコに凄い「勢い」のあるハリーケーン(パトリシア)が上陸して大きな被害をもたらせているようだ。最大風速75メートルという凄いものだったが、上陸後にその「勢い」は急速に衰えたという。一口に「勢い」といっても、その中身は多士済々で、功罪ありである。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重は62,5kg。昨日の最高気温は24.4℃(前日比、+1.9℃)。▲毎朝、仏壇にある妻の遺影に向かって語り掛けているが、その思いは届いているのだろうか。粛々と、ご飯を備え、お花の水を替えている毎日だが、大人のままごとのように思える。そうは言いながらも、この場が妻に語り掛けることができる貴重なサテライトであることは確かである。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3237 大家志津香vs伊藤かりん | ホーム | 3235 和歌山県のトピックス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP