プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3238 渡辺明棋王が変調

 将棋界は目下、羽生4冠、それに迫る渡辺明棋王、そして、糸谷哲郎竜王に代表される台頭著しい若手のグループとが激しくぶつかり合う戦国時代の真っただ中にある。そんな中で、羽生4冠は依然として健在だが、期待の一人である渡辺明棋王がこのところ変調である。

1.独り言コラム
 昨日行われた将棋王座戦の最終局で、一時は1勝2敗とカド番に追い込まれていた羽生王座が、粘る新鋭の佐藤天彦8段を接戦の末に突き放し王座防衛を果たした。羽生4冠強しである。▲タイトル初登場だった期待の佐藤8段だったが、惜しくも一歩及ばなかったが、A級順位戦では目下4連勝と単独トップであり、来年の名人戦で両雄が再びまみえることになる可能性が高い。▲一方、羽生時代に風穴を開つつある渡辺棋王が、このところ7連敗と変調である。9月半ばに竜王戦の挑戦権を獲得した時点までは絶好調だったが、竜王戦第1局で糸谷竜王に苦杯を喫した頃から変調で、A級順位戦では佐藤天彦8段に、王将リーグでは目下3連敗、更にNHK杯でも新鋭に敗れるなど、棋士になって初めての7連敗中である。▲大物の7連敗は珍しい記録だが、因みに、羽生4冠の今までの連敗記録は4連敗である。羽生時代のもう一人の永世名人である森内俊之9段が、2011年に10連敗を喫したことがある。今週末には、竜王戦の第2局が行われるが、連敗を食い止めることができるか否かに注目である。なお、将棋界の連敗記録は、あの加藤一二三9段の21連敗だそうだ。▲余計な話だが、プロ野球の連敗記録は、千葉ロッテの18連敗(1998年、サッカーJ1では、京都サンガの17連敗(1996年)、相撲界での横綱の連敗記録は、貴乃花光司の7連敗(1999年)がある。▲とにかく、連敗は当事者には早くピリオドを打ちたいもので、もがき苦しむものだ。振り返れば、筆者の人生も、妻の早世など苦しい連敗の繰り返しであった。

2.プライベートコーナー
 4時45分起床。体重は62,2kg。昨日の最高気温は19.7℃(前日比、+0・8℃)。▲茂り過ぎた庭木を切ってもらった残骸の整理を昨日ほぼ終えた。大型ごみ袋(45リットル)換算で、およそ40袋を燃えるゴミとして廃棄した。筆者には久しぶりの大仕事だった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3239 威信、面子をかけた反発 | ホーム | 3237 大家志津香vs伊藤かりん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP