プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3245 交渉加速

 行き詰まっていた日本の隣国との関係にやや変化が起きようとしている。思い切った交渉加速を期待したい面もある。

1.独り言コラム
 安倍総理と朴槿恵大統領の初めての会談が昨日午前に行われた。事前に少人数で会談が持たれて、そこでは従軍慰安婦問題にかなりの時間が割かれたようだ。そこでの結果を踏まえて、未来志向の関係を築くことで一致し、3年半ぶりの日韓首脳会談を終えた。報道で知る範囲では、安倍総理は無難にこの舞台を演じきったようだ。▲ここでも、総理は、この問題を次の将来世代に障害を残すことになってはならないと訴え、交渉を加速することで合意を得たという。従来の米国一辺倒から、中国寄りに立ち位置を変えつつある韓国は、大きな選択を迫られており、今後の展開に注目したい。但し、日本から頭を下げてお付き合いを願う必要はない。▲交渉加速ということでは、日朝関係での拉致問題も然りである。訪朝している民主党の有田芳生議員によると、再調査の報告書はほぼ完成しているが、日本政府への提出は越年する可能性があるという。またもガセネタかもしれないが、なんとしても交渉加速を期待したい。▲沖縄での基地辺野古移転問題も埒が明かない状況となっている。沖縄県と日本国の間で裁判に持ち込まれそうだが、そうばれば、交渉加速は無理なようだ。筆者の思いは、翁長沖縄県知事にもう少し大人になってもらいたいよ思っている。▲とにかく、政治問題は一朝一夕にはいかないことが多い。誰もが望む電光石火のような交渉加速は、ほとんどの場合において、絵に描いた餅である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重は62,7kg。昨日の最高気温は14.1度(前日比、―1.2℃)。午前中は雨で寒かった。▲Window7だったコンピューターに、Window10をインストールしたのだが、いくつかの弊害が出て来ていて困っている。例えば、IME機能が使えない。無理してインストールしたことを反省している、
関連記事
スポンサーサイト

<< 3246 〇〇越え | ホーム | 3244 歴史認識 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP