プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3254 大麻&ドーピング

 53年ぶりの国産機(MRJ)の初飛行で列島が湧いた一方で、とんでもない薬によるが犯罪行為がメディアを席巻している。それらのニュースの「明」と「暗」の交錯に、戸惑いを覚えている今朝の筆者である。

1.独り言コラム
 京都市の小学6年生が教師に「大麻を吸った」と話したことに端を発したこの問題は列島を大きく揺るがせている。京都府立の通信制高校に通う17歳の兄の部屋にあったもので、それを見つけた弟が4回ほど吸ったという。逮捕された兄はその保持と吸引の事実を認めている。注目はその入手経路である。捜査の進展を待ちたいが、麻薬が小学生までに広がった事実に驚きを超えたものを覚える。▲一方、世界反ドーピング機関(WADA)が、2012年のロンドンオリンピックの女子800メートルのマリア・サピノワらの5選手と4人のコーチ、1人の医師に永久資格停止が適当と勧告した。このドーピング問題はロシアが組織的に行った可能性が高く、この反ドーピング態勢が改善されなければ、来年のリオデジャネイロオリンピックに出場できない可能性が出ている。▲神聖であるべきオリンピック、純真であるべき小学生にまでに、すそ野が広がっている薬の犯罪ニュースに、まさに、「そこまで来たか」といったとんでもない不安、怒り、危機を思う。

2.プライベートコーナー
 4時起床。体重63.2kg。▲最高気温は18.0度(前日比、―1.3度)。比較的穏やかな一日だった。▲ここ10年来お世話になっている歯医者さんが、来週から京都に移転するので、その場所の下見を行った。移転先が国道1号線で桂川を渡った先で、スムーズに走って車で30分ぐらいかかる。筆者も、来年の正月には75歳になるので、車での遠出は極力控えようと思っているのだが、私の「歯」の事情をしっかり把握してもらっているので、当面は注意して通院することにしたい。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3255 井山7冠(8冠)にリアリティ | ホーム | 3253 じっと待つ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP