プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3255 井山7冠(8冠)にリアリティ

 2年前に一度全冠同時制覇の7冠に迫った井山裕太6冠(当時)だったが、唯一「十段」が得られず涙、その後には、王座、碁聖を失冠し、現在は4冠に留まっているが、再び全冠制覇のチャンスが巡ってきている。

1.独り言コラム
 将棋界では羽生善治4冠が、26歳の1996年に7冠制覇した実績(167日間)がある。しかし、囲碁界ではいまだ前人未到なのが7冠制覇である。現在の井山裕太4冠(名人、棋聖、本因坊、碁聖)は目下王座と天元に奪還に挑戦中である。▲そして、もう一つのタイトル、鬼門の十段戦は、目下挑戦者決定トーナメントの途上にある。従って、もし、これらの3つの棋戦を勝ち抜けば、悲願の7冠達成となる。もちろんこの間に行われる棋聖戦の防衛は果たさねばならない。順調に進めば、来年の5月に夢が実現することになる。▲昨日、王座戦5番勝負の第2局が行われ、井山挑戦者が村川大介王座を破って2連勝とし、王座奪回に王手をかけた。▲王座戦と並行して天元戦も始まっていて、高尾紳路天元に挑戦中であり、第1局を制した。ここでもタイトル奪回に向けて順調である。▲こうなると気がかりなのが、十段戦のトーナメントである。予選は、一番勝負だけに取りこぼしが許されない。それでも今までに、趙治勲第二十五世本因坊、結城聡9段を破ってベスト4に進出している。残り2局に勝つことが前提だが、いよいよ具体的に7冠への視界が拓けてきている。今度こそとの思いが強いと思う。▲その内助の功を果たしているのが将棋界の超美人棋士の室田伊緒さんである。二人は同い年で、しかも誕生日が同じ5月24日、二人は3年半前の5月24日に入籍している。▲そして、念願の7冠達成の暁には、いよいよ(伊緒!、伊緒!)もう一つの栄冠である8冠(お子様誕生)目指してもらいたい。ファンは期待して待っている。

2.プライベートコーナー
 4時60分起床。体重63.3kg。▲昨日の空気は澄んでいて視界が利いた。散歩時に、琵琶湖大津館裏の湖岸沿いから、長命寺山の遥か向こうに伊吹山は姿を見せてくれていた。まだ冠雪はない。また、鈴鹿山脈の山並みもしっかりと捉えられた。何となく気分は爽やかだった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3256 業界ぐるみ | ホーム | 3254 大麻&ドーピング >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP