プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3265 めでたし、めでたし、日馬富士&おおさか維新

 千秋楽に負けて優勝した日馬富士は中くらいの喜びだったかもしれないが、ダブル選挙に圧勝したおおさか維新の党は、絶滅危惧種への懸念から生き残った嬉しさを噛みしめているだろう。

1.独り言コラム
 大相撲九州場所の千秋楽で、前日まで優勝の可能性を残していた日馬富士、白鵬、松鳳山の三人が揃って敗れた結果、日馬富士の2年ぶり7度目の優勝となった。負けての優勝に「喜びも中くらいなり」の様子もうかがわれた。▲この思わぬ千秋楽の展開で、土俵外でも大きな一番があった。NHKの解説者の二人が、取組前の解説で見方を異にしていたのである。裏正面の舞の海さんが、「稀勢の里はこういったプレッシャーのかからない相撲では意外に力を発揮することがよくあるんです。北の富士さんどう思います?」とボールを投げたのだが、それに対し、正面の解説者の北の富士さんが、「それはないでしょう。」と軽く一蹴したのだった。しかし、結果が、強い稀勢の里が出たことで、舞の海さんの解説が当たったのである。この結果に、しばらく間をおいて、北の富士さんが、私が間違っていたと潔く謝ったのである。▲実はこの二人、昨年だったと思うが、ある力士の戦いぶりで、考え方を異にしてちょっとした議論になり、その後しばらくは、ぎこちない関係が生じていた。そして、筆者の記憶では、二人の同席(?)がしばらく控えられていたように思う。今年に入ってやっと関係が修復されて来ていてほっとしていたのである。昨日の日馬富士―稀勢の里の予測、結果に関しては、北の富士が男らしく誤りを認めて謝ったことで、しこりとはならず、かえって二人の関係は深まったと思う。日馬富士の優勝と共に、二人の関係修復にも、「めでたし、めでたし」である。▲「めでたし、めでたし」といえば、昨日の大阪でのダブル選挙で勝った大阪維新の党である。選挙戦に入った直後は、自民を軸とした非維新が有利な展開だったが、中盤以降に逆転、結果的には堂々の逆転勝利を収めた。橋下徹人気は健在だった。この結果、橋下氏の今後の身の振り方に関心が集まることになる。

2.プライベートコーナー
 1時半目覚め。体重63.1kg。(6AM推定)▲今日は筆者の47回目の結婚記念日である。しかし、初めて一人で寂しく迎えている。改めて妻の大きかった存在感を実感している今日この頃である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3266 ルーティーン | ホーム | 3264 北の湖死去 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP