プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3271 女同士の華麗で熾烈な戦い

 華麗なる戦いといえば、山崎豊子さんの名作「華麗なる一族」を連想する。今朝は、この作品とは無関係に、最近の女同士の華麗なる戦いの話題を拾ってみた。

1.独り言コラム
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦・NHK杯が行われた。男子は羽生結弦選手が300点を越す世界最高得点で堂々の優勝を果たした一方で、女子は、17歳の新星、宮原知子選手が現役復帰を果たした浅田真央選手を破って初優勝した。宮原、浅田の華麗なる女の戦いは、ジャンプが安定していた宮原に軍配が上がった。二人は二週間後のグランプリ・ファイナルで再び相まみえる。▲加藤桃子王座に伊藤沙恵女流2段が挑戦している日経新聞社主催の将棋女流王座5番勝負の第3局が昨日大阪で行われた。1勝1敗で迎えたこの日の戦いは、双方が決め手を逃し、相入玉をする284手に及ぶ大熱戦となって持将棋(引き分け)が成立し、日を改めて差し直すことになった。女流棋士同氏の華麗なる戦いは、終盤は持将棋に持ち込むための駒の取り合いとなる壮絶な戦いだった。▲五郎丸選手の活躍でラグビー人気が急騰する中で、7人制の女子ラグビーで日本チームの強さが目立っている。目下アジア予選東京大会が行われていて、日本は、昨日も3試合に完封勝ちをして、今日にも来年のオリンピック出場が決めりそうだ。これこそ女同士の華麗で熾烈な戦いがみものである。▲米国女子ゴルフツアーに参戦している日本人選手は、ここ3季連続優勝はない。期待された藍、美香の二人の宮里選手も、昨季は共にシード権を失うなどここ数年は共に冴えない。今年の戦いでは、美香選手に多少の復調の兆しがうかがえたが、まだまだ安定はしていない。日本人ファンとしては、二人の宮里選手が華麗なる女の戦いを見せてくれることなのだが、…。▲一方、日本の女子ツアーも今週末、最終戦のリコーカップが行われているが、日本人選手ではベテランの大山志保選手がトップに立っている。今日が最終日で、韓国人選手との熾烈な女同士の優勝争いでの栄冠を期待したい。▲「Qさま」などのクイズ番組での美女の激突も面白い。東大卒の先輩、後輩の、三浦奈保子さんと天明麻衣子さんの知的な戦いは人気を呼んでいる。筆者は、三浦ファンだが、今のところ天明の方に言葉のやり取りで一日の長がありそうだ。▲今年の紅白歌合戦のメンバーが漸く発表された。目玉の無い今年の紅白の中では、総合司会に82歳の黒柳徹子さんを起用したことが話題である。秒刻みに組み立てられているNHKの台本に対し、徹子の部屋のようなしゃべくりで根底から崩すのではと心配する向きがある。それをコントロールする意味で、もう一人の総合司会の有働由美子アナとの華麗なる戦いに注目したい。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重62.9kg。▲一年の経つのが早い。おせちの予約を行った。また、年賀状の準備にも着手した。慌ただしさを覚え始める季節である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3272 お役御免 | ホーム | 3270 10億円 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP