プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3279 ニコニコ将棋生放送

 将棋界の七大タイトル戦などを、そのまま生放送してくれるネット放送がある。将棋ファンには堪らない放送だ。

1.独り言コラム
 昨日は、将棋界の新棋戦、第一回叡王戦の決勝三番勝負の第一局が行われた。対局は筆者の大ファンである郷田真隆王将の登場とあって、対局開始前の朝の10時前から、コンピューター画面をオープンして、その観戦に臨んだ。相手は中堅の山崎隆之8段であった。▲戦いは終始郷田王将のペースで進んだが、終盤の土壇場で逆転負けを食らって痛い星を落とした。終局は10時過ぎ、感想戦が終わったのは深夜11時になっていた。半日以上もの長時間、コンピューターの画面に見入っているのは大変な重労働で、郷田王将の敗戦にがっくりだった。▲楽しかったのは、中継で聞き手役をしてくれる女流棋士の存在だ。普段あまりお目にかからない棋士が多い。結構美人も多く、あたかも女性キャスターのようでファンの人気も高いようだ。中でも、山口恵梨子、中村桃子、安食総子(いずれも女流初段)などの若手女流棋士は、おしゃべりもなかなかで、癒し、目の保養という点で筆者には楽しい存在だった。▲この日は、お昼前のNHK杯トーナメントにも郷田王将が登場し、ここでは新鋭の阿部健治郎5段をきわどく破ってベスト8に進出した。この対局は録画放送だが、最近は、事前に結果が分からない仕掛けになっていて、後半ではハラハラしどうしどうしだった。▲とにかく、郷田さんの二つの対局で、筆者は将棋漬けの一日となったが、土壇場で逆転負けを喫したことで、筆者は心身ともに疲れ切った一日となった。今朝は、落胆した気持ちでキーを叩いている。▲別件だが、棋界に朗報が飛び込んできた。一昨日の奨励会(プロ棋士の養成機関)で、女流棋士で二人目の3段棋士が誕生した。西山朋佳3段(20歳)で、二年前の里見香奈3段(23歳)に次いでの3段リーグ入りを決めた。大阪出身で現在慶大2年(休学中)である。3段リーグには、今期は30人の棋士がいて、半年間にわたるリーグ戦で上位2人がプロ棋士である4段に昇格するシステムである。里見さんは、リーグ入りを決めた後、1年半休んでいたことで、今年下期のリーグ戦から参戦しているが、今のところ成績は今一つである。来季からは、この西山さんも加わることで、初めての真の女流プロ棋士誕生への期待も大きくなるだろう。頑張って欲しい。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重62.9kg。▲散歩を朝方に切り替えて以降、湖岸通りコースが多くなった。朝の湖岸の風景に何となく惹かれるからだ。対岸の山々、その一角からの日の出、餌をやっている方の周りに集まる水鳥の一群、その様子を撮影している方、犬を連れて散歩を楽しむ方々など、朝の湖岸風景は単調だがそれなりに楽しい。昨日は久しぶりに長命寺山の後方に伊吹山の姿が見えた。まだ冠雪はしていなかった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3280 見切り/見切る | ホーム | 3278 底なし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP