プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3280 見切り/見切る

 あることに見切りをつけるには、それなりの先行きへの読みと思い切った決断は欠かせない。加えて、自らの力量、能力を信じることも大事のようだ。

1.独り言コラム
 先週末の女子ゴルフは、日本、韓国、欧州、オーストラアによる対抗戦(ザ・クウィーンズ)が愛知県の三好カントリーで行われ、日本チームが見事な優勝で初代クウィーンズに輝いた。韓国の強さが目立つ女子プロゴルフ界で、初日からリードを保ち、その追い上げを振り切っての堂々の優勝だった。主将の上田桃子がチームをうまくまとめ、ベテランの大山志保も好調を維持、この勝利に貢献した。この二人は、数年前には米国ツアーに参戦していたが、鳴かず飛ばずの成績を見て、思い切って米国ツアーを「見切って」日本ツアーに復帰し、見事に復活を果たして、今期は共に好成績を維持していた。二人の思い切った米国ツアーの「見切り」決断を称えたい。▲金星の衛星を目指して5年前に打ち上げられたあかつきは、一旦は、主エンジンの故障で失敗し、金星と共に太陽の周りを回ってしていたが、昨日の軌道修正で奇跡的に目的が果たせたようである。5年前に小惑星から帰還したはやぶさのように、「見切らず」に執念深く頑張ったJAXAの努力が報われたようだ。おめでとうと申しあげておこう。▲米国大リーグ(MLB)を見切って日本球界に復帰した福留孝介、西岡剛の両選手は、今期も阪神で活躍した。結果的には、このお二人のMLBへの「見切り」も正解だったと言えよう。特に、福留選手の好機での活躍はお見事だった。▲西鉄ライオンズからゴルフ界に転身したジャンボ尾崎将司選手、また、読売巨人軍からプロレスに転身したジャイアント馬場選手のお二人も、プロ野球での人生に潔く「見切り」をつけての大転身だった。そして、幾多の苦労を克服し、他の追随を許さない一時代を築き上げた。お見事な「見切り」決断の中でも横綱級の事例である。▲タレントから政界に転身した東国原英夫氏もどうやら政界に「見切り」をつけたようである。一方、維新の会で一大旋風を巻き起こしたタレント弁護士の橋下徹氏は、一旦は政界から身を引くジェスチャーを見せている。但し、橋下氏の場合は自らの発言を正当化するための様子見であり、政界を「見切った」わけではなく、来年には衆参ダブル選挙で復活するのではとみられている。▲先週の「そこまで言って委員会NP]で、鳩山邦夫さんが出演していた。そこで兄の由紀夫さんとの今の関係を聞かれて、口先では、「宇宙人だから」と一見、「見切った」言い方をしていたが、そこにはそれなりの兄弟関係を見たように思った。▲企業でも、シャープが液晶に、コダックがフィルムに「「見切り」をつけられず、執着したことで今の大低迷に繋がっている。ソニーや富士フィルムのような業務内容の大胆に拡大して転身したことで、立派な成功を収めている実情を見るとき、「見切り」のつける決断の重要さを思う。▲そういう意味では、筆者はサラリーマン人生の中に埋没した平凡な人生だったが、それに見切りをつける決断もなければ、才能もなかったのである。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重63.3kg。▲寒さも少し和らいだような一日だった。久しぶりにお墓詣りした。ここに来ると何となく落ち着く場所である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3281 寄付月間 | ホーム | 3279 ニコニコ将棋生放送 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP