プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3298 今年最後の決戦、12月28日

今年もあと一週間である。年内予定された戦いはほとんど終わっているが、いくつかの残されたものがある。そういった意味では、28日は期待と不安が混在する興味深い今年最後の決戦の一日となりそうだ。

1.独り言コラム
 慰安婦問題で日韓の水面下のせめぎ合いが進んでいて、28日に外相会談が持たれる。またお金が動くというのだが、譲ってはならない一線は死守すべきであり、また慰安婦像はすべて撤去を要求すべきだ。▲ここに来て、産経新聞支局長の裁判での無罪判決、また植民地時代での韓国人遺族が要求している「日韓請求権」で韓国憲法裁が「侵犯対象外」として訴えを却下したことなど、流れは関係改善に向かっている。さあ、28日はどんな結果となるのであろうか。▲昨日取り上げた東証株価の動きが、依然として低迷していて、反発の動きは見られない。28日からの最後の動きを見守りたい。▲来年2月から始まる将棋棋王戦で、渡辺明竜王・棋王への挑戦者決定戦が28日に、ベテランの佐藤康光9段と新鋭の佐藤天彦8段の二人の佐藤棋士の間で行われる。この最終決戦までに2度顔を合わせていて1勝1敗でのタイで、言ってみれば、プレイオフの決戦なのだ。筆者の見方は天彦8段の勝ちとみているが、…。▲押し詰まった週明けの28日は注目の一日になりそうだ。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、62,7kg。▲前夜の忘年会の疲れか。一日中、うとうとして何もせず過ごしてしまった。こんな日もたまには悪くないと思うと自分に言い聞かせている。負け惜しみの言い訳である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3299 AKB | ホーム | 3297 もしかしたら、「事件!」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP