プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3308 始まった!

 正月休みが終わって、新しい年の始動である。世界各国での株価の動きを見る限り、平穏な年明けではなさそうだ。

1.独り言コラム
 東証を始め、世界の株価が大暴落で始まっている。2008年のサブプライムローン・ショック以来の新年初日の大きな下げ幅である。中国の景気指標、株取引が取りやめになるといった動きが下落の加速を促したようである。加えて、今朝のアメリカのダウの下げ幅(5時現在、400ドル超)も尋常ではない。まさに、不安先行の年明けである。▲第190通常国会が始まった。通常国会が「1月開催」となった1992年以来、もっとも早い開催である。7月の参院選を睨んでの与野党の攻防が予想される。安倍総理は年頭会見で、改憲を参院選で訴える考えを明示し、今年の戦いの火蓋を切ったと言えよう。▲国会前では安保関連法案の撤廃を訴えるデモも始まった。沖縄基地の辺野古移転問題での国と沖縄県の戦いなど、難問は少なくない。▲マイナンバー制度の適用も始まったが、役所を訪れる人たちには、その認識も今一つのようで、必要な準備をしていない人が多数を占めたという。▲筆者が購読している日経、毎日の両紙の夕刊で新しい小説の連載が始まった。日経は、川上弘美氏の「森へ行きましょう」、毎日は道尾秀介氏の「満月の泥枕」で、いずれも出だしの感触は良好で、先行きの期待をそそる。▲余計なことだが、筆者は、まだ正月休みの真っただ中で、昨日もぼんやりした一日を過ごしてしまった。少し気合を入れなおさなければと言い聞かせている。

2.プライベートコーナー
 12時半目覚め。昨夜は8時過ぎに眠ってしまったようで、この時間帯での目覚めは、最近のパターンとなりつつある。ブログを配信して、もう一寝入りすることになりそうだ。体重は朝6時推定で62.5kg。▲昨日の朝は濃霧だった。その分、暖かい朝だった。近くにある高層マンションや琵琶湖の対岸も全く見えない。朝の散歩は琵琶湖湖岸を諦めて、国道161号線を浜大津港まで往復した。▲因みに、12月度の散歩した歩行総距離は130.5kmの新記録だった。また、連続散歩日数も159日となり、記録更新中である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3309 最終便を乗り継いで | ホーム | 3307 層の厚さが勝負の決め手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP