プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3325 朗報、どんどん勝ち進む!

 株価はどんどん暴落を続けていて、先行きが見えないが、どんどん勝ち進んでくれている幾つかの朗報に、筆者の心は弾んでいる。

1、独り言コラム
 大関琴奨菊が3日続けて3人のモンゴル出身の横綱を破って、12連勝で優勝争いのトップを守っている。あと3日間あるのでまだまだ予断を許さないが、10年、60場所ぶりの日本人出身力士の優勝がちらつき始めた。今日からの3日間は日本人力士で、格下の相手であるだけに、取りこぼさないように全勝をキープして欲しい。多くの日本人相撲ファンの願いでもある。▲それにしても、先場所までの琴奨菊とは別人のような安定した取り口が続いている。昨日の横綱日馬富士との一番が終わったあと、勝ち残りの横綱白鵬が引き上げる途中のモニターで琴奨菊の勝ちっぷりをビデオで見ていた。その際の口をとがらした厳しい顔をカメラがとらえていたが、とても印象的で、そそ際に「完璧だ!」とこぼしていたという。そこには同じモンゴル横綱の援護射撃を期待が裏切られたとの悔しさいっぱいの口ぶりだったようだ。▲とにかく、先場所までの琴奨菊は脆いところがあって、幾度も横転する場面を目にしていた。今場所も、3日目を終わって連勝していた時点で、解説の北の富士さんは、少し揶揄した口調で、「いやいや、そのうちに転ぶんじゃないの?」と言っていた。▲とにかく、今場所の琴奨菊は生まれ変わった琴奨菊だ。何とか、優勝して、10年ぶりの朗報に接したい。多くの日本人の相撲ファンは、同力士の初優勝を期待していると思う。▲全豪テニスでは、錦織圭選手の2連勝に続いて、女子の大坂なおみ選手(世界ランク127位)がシード選手(世界ランク27位)の格上選手を破って3回戦に駒を進めた。お見事な勝利であり、その勢いで、先行きにも期待したい。▲囲碁界で史上初の7冠を目指している井山裕太6冠が、昨日行われた十段戦の挑戦者決定戦で余正麒7段に逆転勝ちして、いよいよ伊田篤志十段への挑戦権を得た。▲井山6冠は、目下、山下敬吾9段の挑戦を受けて棋聖戦7番勝負(現在井山6冠の1勝)を戦っているが、この棋聖位を防衛し、3月から始まる十段戦で十段位を奪取すれば、夢の7冠の達成となる。そのタイミングは、多分、4月末のこととなろうが、今の強さから見れば、その可能性は極めて高い。記録好きの筆者はその歴史的な記録達成を大いに期待している。▲筆者を厚くする朗報は、筆者には精神的なこの上ない良薬である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重62.4g。▲雪で心配された散歩の連続記録は、何とか継続できた。多少の障害は気合で乗り越えることができる。記録がストップするケースを考えてみると、天候の事情よりも、自らの意欲が減退した時だと思う。いずれ、そんな日が来るのだろう。差し当たっては、今週末から週明けの寒波の来襲が山場になりそう。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3326 行方定めぬ波枕 | ホーム | 3324 これらの明と暗、どこまでゆくのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP