プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3328 勝った! 勝った! 勝った!

 昨日行われた、筆者が注目していた三つの大きな戦いで、いずれも筆者が応援していた三人が見事な勝利を収めた。留飲が下がりっ放しで気分良好だった。

1.独り言コラム
   「勝った!」その1
 大関琴奨菊が大関豪栄道を堂々と破って初優勝を果たした。この瞬間、10年もの長い間、59場所に渡って続いていた、日本人出身力士の優勝無しの不名誉な記録に終止符が打たれた。▲テレビを見ていた筆者は、その瞬間、思わず手を打っていた。インタビューに答える琴奨菊の丁寧な言には感動に満ち溢れていたし、土俵の近くで応援していた同力士の父親は手に持った小さな遺影の写真をかざして喜びをかみしめていたように見えた。▲正直言って、この場所の半ばまで、筆者は琴奨菊のファンではなかった。どちらかといえば、稀勢の里のファンだったのだが、何としても10年も続いている不名誉な記録に終止符を打って欲しかったことで、終盤ではずっと琴奨菊の優勝を願うようになっていたのである。▲この優勝で、琴奨菊には一気に横綱が見えて来たし、この琴奨菊効果で、来場所からの日本人出身力士の活躍を期待している。
   「勝った!」その2
 午前中に行われた全豪オープンテニスで、錦織圭選手が宿敵のツォンガ選手をストレートで破り、本大会では2年連続3度目のベスト8入りを果たした。そして、次の順々決勝戦では、いよいよ世界ランク1位のジョコビッチ選手(セルビア)と対決する。今の錦織選手の好調な勢いが出せれば勝利も夢ではないと思う。
   「勝った!」その3
 寒波が襲来する中で、沖縄県では今までで最も多い雪が降ったとの報道があるが、この日、沖縄県の宜野湾市朝選挙の投開票が行われ、自民、公明の推薦を受けた佐喜間淳現市長が再選された。辺野古への基地移転を進めている安倍内閣には朗報である。就寝前に、この結果を知った筆者は、ここでも思わず「勝った!」と心の中で叫んでいた。このところの関連するあらゆる選挙で連敗中だった政府側には、一条の光明が点ったと言えよう。国と争って裁判にまで持ち込んだ形の翁長雄志知事には、手痛い敗北だと思う。

   「勝った! 勝った! 勝った!」の嬉しい3連チャンは、筆者には大変珍しく、昨日は心安らぐ一日となった。冥途への嬉しい土産なのかもしれない。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重62.7kg。▲幸い、ここ大津では大雪は降っていない。今朝(4時現在)も窓から見る限り、道にこびりつくような雪は見られて歩き難そうだが、何とか、散歩の連続日数の記録更新は可能のようだ。▲会社の関東地区のOB会が行われたようで、その盛り上がりを伝えてくれる2通の写真付きのメールを受け取った。懐かしい女性の顔もあって、寒波も何のその、心が温まった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3329 早くも新流行語が… | ホーム | 3327 稀勢の援護射撃で琴奨菊悲願の栄冠に王手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP