プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3329 早くも新流行語が…

 今年の流行語の候補が早くも幾つか生まれている。それだけ、世の中に面白い話題が誕生しているからだろう。

1.独り言コラム
 悲願の琴奨菊の優勝で脚光を浴びたのが「琴バウアー」である。制限時間いっぱいなって最後の仕切りに入る前のあの大きな身体をいっぱいにしならせる行為である。お尻を何回かぴしゃぴしゃ叩きながら一連のルーティーンが、ラグビーの五郎丸のそれと同様に精神的な安定感を生み出し、勝利に繋がったようだ。正直言って、大関があんなポーズをするなんてと筆者は好感を持っていなかったのだが、…。▲今年最初の芸能界の不倫のスキャンダルが、文集でスクープされた。タレントのベッキーさんと川谷絵音さん(筆者はよく知らないタレント)とのスキャンダルである、二人はその後もラインを使って交信し、この文春のことを「センテンス・スプリング」と揶揄していた。その結果、彼女が出演していたCM10本がすべてチャラになりそうだという。不倫は文化なんてうそぶいている場合じゃなさそうだ。▲この文春が、その後TPPの立役者である甘利明経産相の政治と金に関するスキャンダルをスクープした。「センテンス・スプリング」の意気盛んである。足元を急襲された安倍内閣は大変なピンチに追い込まれたが、日曜日に行われた沖縄県宜野湾市での市長選挙で、基地の不安の一日も早い撤廃を主張する現市長が勝利し、安倍内閣には一息つく結果となった。今まで続いていた辺野古移転反対派の勝利に一矢を報いたのである。安倍内閣にとっては、一つブレークバックしたという事で、貴重な宜野「ワンバック」である。▲昨日、新しい流行語の卵が生まれた、あの兵庫元県議の野々村竜太郎氏が、裁判に出廷しないことから、地裁が発行した拘引状で強制的に出廷させるという。「拘引出廷」なる言葉は初めて耳にする言葉である。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重62.6kg。▲滋賀県でも彦根、余呉などの北部は大雪に見舞われたが、大津では、その影響はほとんどなかった。しかし、寒さは厳しく、朝の散歩は敢行したが、その後は、CPで将棋観戦をしながら一日中籠城して過ごした。応援していた郷田王将が「負けたこともあって、総じて、暗い一日だった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3330 気まぐれな勝利に女神 | ホーム | 3328 勝った! 勝った! 勝った! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP