プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3331 輝いている知的な美人コメンテーター

  いくつになっても美女は男たちのあこがれの対象だ、昨夜も昔の仲間たちとのお酒の場でも、美女の話題もあって、持ち上がった。今朝は今年になって新たにテレビで見つけた筆者好みの知的美人たちを総括してみた。

1.独り言コラム
  BS日テレの「シリーズ・Jミステリーはここから始まった」の第一回の松本清張の「零の焦点」(1月21日)はなかなか見ごたえのある面白い番組だった。これは、この作品をあらゆる角度から論評し合う内容で、何人かの有名人が出演していたが、そのキャスター的な立場で番組をリードしていたのが、「華恵(はなえ)」さんだった。アメリカ生まれのエッセイスト・モデルで、東京芸術大学音楽部卒で今年26歳。なかなかの美人で論が立つ知的な美人だった。初めて見た方だが、一目でファンになった。お母さんが日本人で、10歳からファッション誌でモデルをしているという。読書好きで、全国小・中学校の作文コンクールで文部大臣賞を受賞の実績があり、書評やエッセイを中心に文筆活動をしている。▲TBSの関口宏のサンデーモーニングに出演している「大崎麻子」さんも素敵な方だ。上智大学からコロンビア大学に進んだ。大学院在学中に長男を産み、その後長女を生んで、その産休明けには長女を負ぶって5か国を渡り歩いたという。凄いバイタリティのあるお母さんである。ジェンダーの専門家で今年45歳。現在、関西学院大学総合政策学部客員教授など。▲先日、TBSの「サワコの朝」に出演していた中野信子さんもとても素敵だ。脳科学の研究者である。東大卒で今年41歳。東日本国際大学特任教授、横浜市立大学客員准教授である。▲朝まで生テレビのレギュラーの三浦瑠璃さんは国際政治学者、お正月の番組では着物姿で出演していた。36歳。立て板に水のごとく論が立つ。長くみているとちょっと鼻に着くかもしれない。▲NHKの「ブラタモリ」の熱海編に出演していた松田法子さんは、初めて見た方だったが、とても色っぽく印象に残った。京都府立大学卒で、博士号を取得、その後東大大学院で学んだ。生命環境科学研究科 講師。日本観光研究学奨励会賞受賞。1978年生まれの37歳。▲皆さん、そうそうたる学歴となかなかの美貌を誇って人気と地位を得ていて、きらきらと輝いている人たちだ。▲このような知的美人を見て楽しむのは、筆者には凄い栄養剤である。

2.プライベートコーナー
 5時起床。体重61.9kg。今年の最低体重。▲友遠方より来るで、昨夜は深酒し、思いっきり歌を歌って発散した。帰宅は湖西線の最終電車だった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3332 懲りない面々 | ホーム | 3330 気まぐれな勝利に女神 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP