プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3332 懲りない面々

 政治と金、談合、それに有名人の不倫は、時代を超えて懲りずに繰り返されている。人間の弱さという盲点を突いているとも言えるが、敢えて言えば、健全な正義感が欠如しているからだと言えそうだ。

1.独り言コラム
 甘利明経済再生相が辞任した。週刊誌にすっぱ抜かれた時点から辞任は避けられないと見られていたがやっぱりそうなってしまった。TPP問題で粘り強く頑張って、大筋合意に漕ぎつけた手腕は立派なもので、ポスト安倍の有力候補の一人だと見ていた。完全に図られた罠にはまってしまった事件だったようだ。お気の毒である。安倍総理が再登板以来、政治と金の問題で辞任したのは、小渕優子経済産業相、松島みどり法相、西川公也農水相に次いで4人目である。なお、この結果、今まで干されていた石原伸晃が久しぶりに表舞台への登場となった。▲東日本大震災で被災した高速道路の復活工事で、道路舗装業者20社が談合の疑いで強制捜査を受けた。そこでは大手のNPPO、前田道路、日本道路の大手三社が仕切り役で工事を順次分担して受けていた。北陸新幹線の融雪設備工事でもダイタなど11社がカルテルを結んでいた。1987年に筆者の会社を含む12社が、建築用資材のシリコーンシーラントで摘発された事件では、筆者はその張本人の一人として尋問を受けたことがある。当時は個人の罪は問われず逮捕はなかった。思えば、あれ以来30年になるが、毎年10数件の摘発事件が起きている。まさに、懲りない面々である。▲タレントのベッキーさんが歌手の川谷絵音さんと不倫スキャンダルでメディアを賑わしている。この種の話題では、不倫は文化だと言ってのけた石田純一のことが思い出される。この世界も、懲りない面々が世間を楽しませてくれている。

2.プライベートコーナー
 4時15分起床。体重62.9kg。▲昨日は前夜の深酒で、ちょっとした二日酔いに見舞われ、ぶらぶらと何もしない一日に終わった。こんな日も時には心の安息日としていいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3333 「3」に拘る | ホーム | 3331 輝いている知的な美人コメンテーター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP