プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3334 日本、宿敵韓国に逆転勝ち/監督の采配の妙

 アジアサッカーで、日本が宿敵韓国に見事な逆転勝ちして優勝し、リオ・オリンピック出場に花を添えた。この大会を通じて、手倉森誠監督の采配の素晴らしさが目立っていた。

1.独り言コラム
 今朝、目覚めたのが1時15分頃、つけっぱなしのテレビを見ると、サッカーのアジア選手権決勝戦が後半に入っていた。得点を見ると、日本が0-2で負けていた。「やっぱり韓国には弱いのだなあ」と思って忸怩たる気持ちになった。▲ところが、である。その直後の後半22分に浅野選手右足で流し込み1点を返した。もしかしたらと思っていたら、今度は矢島選手がヘッドで合わせて、あっという間に同点に追いついた。寝ぼけていた筆者は、ここで完全に目が覚めた。こうして勝負形に持ち込んだことで、逆転への期待に繋がった。▲やんぬるかな! 時間が押し詰まってきた36分に再び浅野選手が今度は左足で決めて3-2とリード、その後の韓国の執拗な攻撃を守り切って勝ち切った。見事な逆転劇だった。あのドーハの悲劇からほぼ四半世紀、今度はドーハの歓喜となって歴史を書き換えた。シリーズを通じての手倉森監督の手腕が光った快挙だった。▲監督の采配といえば、今度の甘利明経済再生相の辞職、それに伴う石原伸晃氏の後任起用の采配も俊敏で光っていたと思うし、日銀の黒田東彦総裁の執ったマイナス金利の導入もびっくりするような采配で、歴史に一石を投じる決断であると思う。この大胆な采配は、市場での見方も躊躇しているようだが、どうなるのであろうか。▲上に立つ人間の采配は、勝敗に大きな影響を与えることは論を待たない。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重62.4kg。因みに1月度の平均体重も62.6kgで前月とほぼ同じで、健康状態は良好を維持しているようだ。▲漸く寒さも穏やかさを回復、過ごし易くなった。しかし、春はまだまだのようだ。昨日は、妻の実姉らが所用で来訪、単調な日々が続く中で、ちょっといた変化のある一日だった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3335 大山鳴動して… | ホーム | 3333 「3」に拘る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP