プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3338 大物有名人、次々表舞台から退場

 覚せい剤、黒い交際、不倫、お金などのスキャンダルが、有名人を表舞台から一気に引き下ろす。一昨日は、遂にあのこわもての清原和博氏が覚せい剤所持で逮捕された。

1.独り言コラム
 捜査員が自宅に踏み込んだ際、清原容疑者はちょうど覚せい剤を打とうとしてところだったという。決定的な犯行現場を押さえるために。周到な捜査を積み重ねての見事な逮捕劇で、捜査陣の大金星だったと言えよう。▲清原氏は、一年ほど前からプログを始めていて、その中で「寂しい」とも書いていたようだ。妻子とも別れ、一人ぽっちになり、そんな世界に足を踏み入れると、孤独さが本人を苛むことになる。「寂しい」ということでは、筆者も同じで、そんな人は世の中にはごまんといる。大物が甘えてはいけない。▲覚せい剤によるタレントなどの有名人の逮捕は枚挙に暇がないが、最近の話題では、ASYKA元被告、そしてあの清純派の酒井法子さんなどの名前が思い出される。酒井さんは、その後頑張って、どうやら、芸能界への復帰が徐々に進んでいるようだ。▲表舞台からの突然の退場といえば、政治と金の問題で、甘木明経済再生相が先週辞任し、突然表舞台から姿を消した。TPPでよく頑張っていただけに残念である。昨日の衆院予算委員会では、後任者の石原伸晃大臣が苦労していた。大丈夫だろうかと不安が過る。▲このほかにも、あの島田紳助は黒い交際が発覚して表舞台から姿を消したし、みのもんた氏も息子の悪事でメインの番組から降ろされた。▲不倫の発覚で清純タレントとして売っていたベッキーが、出演していた10本のCMを下ろされて表舞台から姿を消す。少し前には、矢口真里さんが、不倫現場を押さえられて一時は表舞台から降ろされた。▲有名人のこの種のスキャンダルの発覚は、今後も続くだろう。筆者は、かつて週刊誌で話題になった在阪球団の元プロ野球選手の大物K氏に注目している。火の無いところに煙は立たないからである。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重62.6kg。▲漸くルーティーンの生活に戻った。今年も確定申告の時期で、その資料の作成をほぼ終えたが、今年度は今までと違って、還付金はなく、追加納税となった。妻に代わって筆者が担当するようになって11年目だが、追加納税は初めてのことである。今まで妻が障害者として税金を使わせてもらっていたので、そのお返しだと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3339 シャープ運命の選択 | ホーム | 3337 ヒラリー/清原/NHK女子アナ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP