プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3344 禍福は糾える縄の如し

 史記や漢書にある名言だが、期せずして、この言葉が今朝の筆者の脳裏を過った。快挙と不安が併存する週末からの悲喜こもごものニュースに、この言葉の意味をいたく実感している。

1.独り言コラム
 スキージャンプの高梨沙羅さんは凄い。今季は12戦して11勝を挙げていて、目下10連勝中で敵なしの勢いである。今までにこんな強い選手はいなかったと思う。フィギュアの羽生結弦、体操の内村航平、レスリングの吉田沙保里、テニスのジョコビッチ、囲碁の井山裕太6冠などの一強の世界が輝いているが、彼女も歴としたその一人である。そんな彼女だが、ソチオリンピックでは不運にも勝てなかった。強さを維持することは容易ではないだろうが、2018年の平昌オリンピックでの金メダルを今から期待している。▲昨日アメリカのアリゾナで行われたゴルフツアー、フェニックスオープンで、松山英樹選手の頑張りは凄かった。首位と3打差でスタートしたが、追い上げてプレイオフに持ち込み、4ホールに及ぶ米国のファウラー選手との激戦を制して、ツアー2勝目を挙げた。ネットでスコア―速報を見ていてハラハラしたが見事な頑張りだった。ゴルフファンには、久しぶりに嬉しい快挙だった。▲そんな嬉しいニュースの一方で、北朝鮮の世界を敵に回してのミサイル発射は、日本にとっても大きな不安材料の一つである。常識で測れない行動をする金正恩第一書記だけに、いつ何時狂った行動に出るか分からない。核弾頭が撃ち込まれるという不安が払拭できない。▲今朝の米国株価は350ドル(AM3時半現在)を超す暴落である。円高が進んでいて一時は115円台まで進んだという。原油安に嫌気が差したとの解説があるが、今朝の東証の暴落が心配だ。下手すると、15000円台まで下がる不安がある。これは、リーマン以降の大ショックである。▲個人的な趣味の話だが、筆者が応援している将棋の郷田真隆王将には、今期末には、下手するとA級陥落、王将の失冠という二つの絶望的な不安がある。何とか食い止められないものだろうか。苦しい時の神頼みで、神様の思し召しに期待しているのだが、…。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重62.7kg。▲独り者の毎日の生活パターンは無味乾燥で単純である。筆者の場合、3時頃に起きて、ブログを書いて配信し、6時頃に、牛乳、果物、パンなどで簡単な朝食、そして散歩。9時から株などの動きをチェックしてファミレスへ、そこで昼食を取りながら、じっくり新聞を読み、持ち込んだコンピューターで少し創作を楽しんで2時頃に家に戻り、少しリラックスして4時半頃から夕食、風呂に入って7時過ぎにはテレビをみながら、8時過ぎには寝てしまう。▲こんなワンパターンの生活を繰り返しているが、幸せは、そんな平凡な日常の繰り返しにあると思う。このパターンが崩れた時、人生の終わりが近づくのだろうと思う。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3345 アベノミックス吹っ飛ぶ? | ホーム | 3343 うつろに響く >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP