プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3345 アベノミックス吹っ飛ぶ?

 昨日のこの欄で書いた不安が不幸にも当たった。株価の暴落以外にも、長期金利がマイナスに反転するなど、経済界は大荒れである。

1.独り言コラム
 昨日の株価は今年最大の暴落だった。今年の最大だった632円のおよそ1,5倍上回り、918円超の大暴落で、昨年度の最大の735円(9月1日)を上回り、2013年7月29日の1368円に次ぐ大きな下げだった。▲ここに来て為替も円高が一気に進み、1年3か月振りに1ドル114円台になった。また長期金利も―0,035%とマイナスに、国債の利回りもマイナスに転じた。まさに経済界は大嵐に見舞われている。▲安倍内閣になって初めてのことで、その対応策が注目されるが、今のところ具体的な対応は見られない。▲その暴落の原因は、今一つはっきりしていないが、原油安の影響もさることながら、日銀が執ったマイナス金利政策が不発に終わったどころか、大きなマイナスを呼び込んだものと思われる。▲個人的にも、株の含み資産の減少は、目も開いてられないくらい大きく、悲惨である。今日も、反転するような兆候は乏しいようで、株価に関しては、春節なんて何の効果も見当たらないようだ。▲神様お願いといった神頼みだけしか縋り付くものがない。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重62.5kg。▲朝の散歩で出くわす人は大体いつも顔ぶれはほぼ同じである。快く挨拶する人と、顔も見合わせない人のグループに分かれる。顔を見合わせないグループの一人に、すれ違ったりする際に、意識して挨拶をするのだが、ずっと無視されている。こちらも意地になって挨拶を続けるつもりだが、…。つまらない話にも意地がある。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3346 五里霧中 | ホーム | 3344 禍福は糾える縄の如し >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP