プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3353 感動は激闘にあり

 瀬戸内寂聴さんの作品に「美は乱調にあり」というのがあるが、今朝は、そのパロディーとしての表題で書いてみた。

1.独り言コラム
 今年に入ってからの株価の動きは、まさに乱高下の連続であり、その動きは掴まえ所がなく、先行きは全く見えない。一方、三年目に入った安倍内閣も、政治と金、不倫、更には、お飾り的なの女性閣僚の適性を欠く余計な発言などの連続で、眠っていた野党に勢いをつけさせ、しつこい反撃を食らって苦境に追い込まれている。つまり、政治、経済共に、日本は乱調の最中にあって、目下激闘中であると言える。しかし、このケースでは、感動的なものは、その片鱗さえも見られない。▲そんな面白くない日々の中で、月曜日のゴールデンタイムに放映されたテレビ朝日のクイズ番組の「Qさま」では、筆者が気に入っている美人ママタレントの三浦奈保子さんが、難問の激闘を制して初の学力王を獲得した。文字通り、激闘の中の感動で、しかも、彼女の素敵な「美」も共存していた激闘の感動だった。▲一方、一昨日から青森県で行われていた将棋王将戦7番勝負の第4局は、昨日の夕方に郷田真隆王将が挑戦者の羽生善治4冠との激闘を制して対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。この対局は、一日目の午後から始まった羽生4冠の猛攻で、二日目の昼食休憩前には、「銀」一枚の守りで、ほとんど裸にされた郷田陣に、羽生4冠が「竜」を作り、終局近しを思わせる局面となっていた。やっぱり駄目なのかと、郷田ファンの筆者の落胆は大きかったのだが、そこから、一転して、郷田王将の反撃が始まり、一手誤れば負けの厳しい局面をきっちりと寄せ切って、粘る羽生4冠に見事な逆転勝ちを収めた。まさに、「感動」は激闘にありの典型的な勝利に、筆者は大いに酔っていた。▲今朝は、その感動の余韻でこのブログを書いている。対戦成績をタイに持ち込んだことで、3月に予定されている残り3局のうち、少なくともあと2局を楽しめるのが嬉しい。正直な話、王将の防衛を密かに期待している。因みに、筆者が郷田王将に惹かれている魅力のポイントは、同棋士の持っている豪腕と呼ばれている棋力の強さ、深さで、肉を切らせて骨を断つ的な切れ味良い将棋の強さである。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重62.5kg。▲日の出の時間が一時よりも20分ぐらい早くなったので、昨日から朝の散歩に出る時間を10分早めて6時20分に繰り上げた。途中で出会う顔ぶれは変わっていない。▲太陽の昇る位置も、冬至の頃に比べると随分と北の位置にずれてきている。(目測で20度ぐらい?)また、近所を流れている柳川が琵琶湖に注ぐ川幅が、毎日のように少しずつ変化していて、5~6mから、最短は1,5mといった具合に毎朝違っている。こういったちょっとした変化を見つけるのも小さな楽しみの一つである。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3354 シャープの決断が迫る | ホーム | 3352 レガシー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP