プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3356 頂上を目指す熾烈な戦い

 プロ野球もオープン戦が本格的に始まった。新人監督が6人も采配を振るう面白い戦いが始まる。プロ野球以外にも、頂上を目指す今年の熱い戦いがいろんな競技で始まっている。

1.独り言コラム
 スキージャンプの高梨沙羅さんの強さはダントツである。今期も15戦12勝という圧倒的な成績で3度目の総合優勝を決めた。残すはオリンピックでの優勝だけで、2年後の韓国平昌大会にかけることになるが、そこまでこの好調を維持できるのかに不安がある。▲フィギュアスケートでは、男子の羽生結弦選手に次いで、女子では新しく宮原知子選手が、今週末に行われた四大陸選手権で、自己最高得点で堂々の優勝を果たした。浅田真央時代を塗り替える新しい時代の到来を告げているようだ。▲サッカーのJ1も、27日に今年の大会が開幕するが、その前哨戦ともいえるスーパー杯が昨日は行われ、サンフレッチェ・広島がガンバ大阪を3-1で破って優勝した。今年もこの2チームを軸に頂上を目指す戦いが始まる。▲女子ゴルフでは、米国ツアーの今期3戦目がオーストラリアで行われていて、今日最終日を迎えるが、野村敏京選手がアメリカツアーでの初優勝を目指して、トップタイで最終組でラウンドする。野村選手は、お父さんが日本人、お母さんが韓国人で、国籍は日本人である。今年は初戦から好調で、今までの3戦共にトップ争いを演じて来ている。さあ、今日はどんな戦いを見せてくれるか興味津々である。筆者のファンである宮里美香選手は振るわず面白くない。▲囲碁界では井山裕太6冠が、年初から行われていた棋聖戦7番勝負を4連勝で防衛し、いよいよ来月8日から始まる十段戦5番勝負に挑む、囲碁界史上初めての七冠制覇は目前である。今の勢いからすれば3連勝でタイトル奪取の可能性が強く、4月14日が7冠誕生のXデーだと筆者は確信している。▲将棋界では、今年度の残された二つのタイトル戦、王将戦と棋王戦が決戦の最中にある。王将戦7番勝負では郷田真隆王将が挑戦者の羽生善治4冠と2勝2敗、棋王戦5番勝負では渡辺明棋王が新鋭佐藤天彦8段の挑戦を受けているが、昨日、佐藤8段が難しい将棋を勝ち切って1勝1敗のタイに持ち込んだ。いずれも、残された3番勝負でタイトルの行方が決まる。因みに、郷田王将は今までに戦った5回の防衛戦はいずれも敗れていて、残り3番勝負に初防衛が掛かっている。一方の佐藤天彦8段は、今の将棋界で一番強いのではと評判の若手の棋士である。4月から始まる名人戦の挑戦者争いでもトップに立っていて、新名人が誕生するのではと筆者は見ている。囲碁将棋界でも頂上争いも熾烈である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重62.6kg。▲一時はあれほど通った一人カラオケに関心が薄くなってしまっている。今年はまだ一度も通っていない。妻が亡くなって以降は、カラオケへの熱は、そんな気分になれなくて、すっかり冷めてしまっている。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3357 良妻・賢妻。伊緒離婚 | ホーム | 3355 大物対決実現 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP