プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3366 女たちの戦い

 各界で女性たちの熱い戦いが展開されている。今朝はそんな話題を取り上げてみた。

1.独り言コラム
 アメリカ大統領の予備選は、昨日が前半戦の山場である注目のスーパーチューズデーで、勝負の流れの大勢が決まる可能性が高く、候補者たちにとっては大事な決戦日であった。共和党は大富豪の異端児トランプ氏が、民主党では、米国初の女性大統領を目指すクリントン氏の戦いが注目だった。果たして、結果はどう出るのであろうか。▲一方、日本の政界では、このところ、稲田朋美総務会長がメディアにも出演が増えていて、その頑張りが目立っている。その一方で、丸川珠代環境相、島尻安伊子沖縄・北方相、それに高市早苗総務相の女性閣僚らが、相次ぐ失言などで評価が冴えず、安倍内閣の足を引っ張るというマイナスの活躍をしている。▲昨日、認知症患者が起こしたJR事故で、家族の賠償責任を巡る問題で争われた裁判の最終判決が、昨日、最高裁の第3小法廷で行われ、JRの要求が棄却され、この事例に関する限り家族にはその責任がないという暖かい判決が下された。裁判長は岡部喜代子さん(66才)で、親族法、相続法の専門家で、最高裁判事では4人目の女性判事である。法曹有資格者では女性で初めてだそうで、昨日の立派な判決で、一躍、日本のヒロインとなった。▲スポーツ界ではオリンピックを目指す戦いが熾烈である。一昨日から始まったサッカーのアジア最終予選では、期待のなでしこジャパンが初戦でオーストラリアに完敗して躓いたが、今日の韓国戦で勢いを取り戻し、残りをすべて勝って出場を決めてほしい。▲女子マラソンの選考も大詰めで、大阪マラソンで優勝したワコールの福士加代子選手がオリンピック出場の内定が得られなかったことで、今週末の最終選考会となる名古屋マラソンへの出場を決めていたが、昨日になって「体」のことを考えて出場を取りやめた。選考順位を優先するとの陸連の示唆があった模様で、賢明な決断だったと思う。なお、昨年の世界陸上で日本人トップの7位だった伊藤舞選手は出場が決まっている。この女子マラソンの選考は熱く難航することが多い。▲ゴルフの選考は世界ランクの上位2人が選ばれることになっている。女子の場合、最新ランキングでは、宮里美香さんが38位、大山志保さんが42位、そして、今期に入って米国ツアーで初優勝するなど絶好調の野村敏京選手が43位と追い上げて来ている。この他には、上田桃子、渡辺彩香、横峯さくら、成田美寿々、菊池絵理香、鈴木愛の各選手が75位までにランクインしており、大混戦である。筆者が応援している宮里美香さんは、今期に入って調子が今一つで、出場は覚束ない。▲そんな中で、オリンピックは2年ほど先になるが、スキ―ジャンプの高梨沙羅選手は、今期も17戦14勝と圧倒的な強さで総合優勝を決めた。オリンピックとのタイミングと相性が今一つのようでちょっと心配である。好調を持続して欲しい。▲とにかく、賢い、強い、機転の利く、綺麗な女性たちの活躍には、誰にでも大拍手の筆者である、

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重63.2kg。▲この冬2度目の雪が降った。寒い朝で、雪が残っていて、歩き難いところもあったが、安全なコースを選んで短い距離(2.5km)を歩いた。体調は悪くない。連続歩行記録も8か月目に入っている。この記録がストップするのは、天候や病気などによるものではなく、筆者の気力が衰えた時だろうと思っている。▲今朝はブログは3時半に仕上げていたが、システムのメンテが9時まであって、配信が遅れた。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3367 まだまだなでしこ、2位有望 | ホーム | 3365 気がかりな裁判が続く 結果や如何! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP