プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3367 まだまだなでしこ、2位有望

 なでしこは昨日の韓国戦にも勝てず、いよいよ土俵際に追い込まれた形だが、残り3戦に全勝すれば、勝ち点10点で2位の可能性が残されている。改めて心機一転で頑張って欲しい。

1.独り言コラム
 アメリカの大統領予備選は、いわゆるスーパーチューズデーで注目されていたが、共和党はドナルド・トランプ氏が、民主党ではヒラリー・クリントン氏が、いずれも7-4で勝って勢いをつけているが、サッカーのなでしこジャパンは、依然として勢いがなく苦境の追い込まれてしまった。▲昨日の試合での圧巻は、後半の苦しいタイミングで、韓国のPKキックをキーパーの福元選手が見事に弾いてピンチを脱したプレー、そして、途中出場の岩淵真美選手のヘッディングで貴重な一点を奪ったプレーだった。▲しかし、1点リードで迎えたあと数分の逃げ切りたい場面で、手痛い同点を許した場面は、全てを水の泡にしてしまった。前半では、初戦よりプレーが改善されていたが、後半では今一つ、いずれにしても、勝たねば意味がない。▲しかし、なでしこジャパンも失望するのはまだ早い。残り3戦をすべて勝てば、勝ち点は10点となり、このシリーズで好調のオーストラリアが残り全部勝ってくれると、中国が韓国に勝っても、勝ち点は7点止まりで、日本の2位が決まる。▲なお、世界ランクでは、日本が4位で今大会出場国の中では最高位であり、いずれの相手も格下になるが、実力差はベトナムを除けば大差がなさそうだ。油断は大敵である。有難いのは、ホームゲームという有利な条件下での戦いであり、それを生かしたゲーム展開を期待したい。▲とにかく、あと3試合全部勝つことが全てである。平凡な言い方だが、人事を尽くして天命を待つということだろう。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重63.3kg。▲朝の散歩、そして、ファミレスで数時間過ごす、そして5時頃の夕食といったワンパターンの何の変哲もない生活を繰り返しているが、今では、そのパターンが幸せの形であり、それが崩れるのが心配である。つまり、筆者の幸せは単純なルティーンの中にある。 (2016-03-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3368 滋賀県、美人輩出県に大変身 | ホーム | 3366 女たちの戦い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP