プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3378 曲がり角

 童謡「たきび」の出だしは「かきねの/かきねの/まがりかど」である。曲がり角はどこにでもあって、親しまれている「曲がり角」も多いが、一般的には「曲がり角」といえば、落ち目の始まりを告げていることが多い。

1.独り言コラム
 昨日から大相撲針場所が始まった。春場所は荒れるとよく言われるが、昨日の初日は、4大関は全員勝ったが、横綱の白鵬と鶴竜が脆くも相次いで負けた。特に白鵬が宝富士に敗れた一番に、NHKテレビで解説していた北の富士さんが、言っちゃいかんが「終わったね」を小さな声で口にしていた。白鵬の負け方が今までのような粘りがなくぽっきりと折れたような完敗だった。敵なしで盤石だった白鵬に曲がり角が訪れているようだ。▲アメリカ大統領予備選で、ダントツの勢いを保っていたトランプ氏が、13日に行われたワシントンDCでの首都決戦でルビオ氏に敗れた。また同日に行われたワイオミング州ではクルーズ氏が勝ち、トランプ氏はいずれも3位に終わった。どうやら、独走だったドナルド・トランプがに曲がり角に差し掛かって来ているようだ。今週のミニ・スーパーチューズデーの結果が注目である。▲民主党と維新の党が合流して新党をつくるが、党名を巡って混乱している。党名だから透明性を図る意味で一般公募したが、七転八倒とか、野党の党、チンポ党、襟を立てます党、いみんの党番組で、元横浜市長の中田宏氏が、「てきとう(適当、敵党)でいいんじゃない」なんて冗談を言っていたのが面白かった。結局は立憲民主党と民進党の二つに絞ってアンケート調査で決定するという。野党もどうしようもない曲がり角に来ている。▲このところの株価がおかしい。一時は15000円割れも出て、それまでの2万円台の安泰を目指していた基調が一気に崩れた。どうたら、日銀の執ったマイナス金利政策が元凶のようで、経済全般の動きが曲がり角に来ているようだ。▲曲がり角は見方を換えればチャンス到来と捉えることもできる。新しい景色を楽しむ展開を図ればいいのだが…。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重63.5kg。▲昨朝の散歩時、柳川が琵琶湖に注ぐ河口の川幅をメジャーで測定してみた。120センチだったので、少し勇気がいったが思い切って跳んでみた。曲がり角を遠の昔に過ぎ去った75才の渾身の挑戦だったが、何とかぎりぎり超えることができた。しかし、改めて衰えを自覚した。(16-03-13)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3379 人口知能(AI)の凄さ | ホーム | 3377 踊り食い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP