プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3380 39年ぶりの明暗

 バドミントンで39年ぶりの快挙という新聞の見出しに、語呂合わせで「サンキュウ」なんて下手な駄洒落を飛ばしていたが、39年前の1977年にはあの悲惨な拉致事件が始まっていたことを知って、39年前の明暗に複雑な気持ちになった。

1.独り言コラム
 バーミンガムで行われていたバドミントンの女子シングルスで、この日21歳になった奥原希望さんが初優勝した。記事の見出しは39年ぶりの快挙とあった。106回も続いている伝統ある全英オープンテニスでのことで、1977年に湯木博江さん以来の快挙だという。リオ・オリンピックに、文字通り大きな「希望」を繋いだ。▲ゴルフの義口久子さんが全米女子プロ選手権で日本人として初優勝したのも1977年だった。それ以来、日本人選手は米国メジャーツアーで、この39年間、男女とも誰も優勝していない。今年こそということで、39年ぶりのメジャーツアーでの日本人選手の優勝を期待している。松山英樹、宮里美香さんらに期待したい。▲スポーツ界では、そのほかにも卓球が世界選手権で、男女とも決勝に進んだが、惜しくも共に中国に敗れて2位に終わった。男子チームが決勝に進んだのは39年ぶりだという。▲お正月恒例の東京―箱根間往復駅伝で、今年も青山学院が優勝し2連覇を果たした。その内容が2年とも一度も1位を譲らない完全優勝で、これは日体大以来39年ぶりの快挙だった。▲今年は大寒波が列島を襲った。沖縄にみぞれ、雪が降ったのだが、39年ぶりだと報じていた。▲昨年の大みそかの紅白歌合戦では、石川さゆりさんが1977年に初出場して以来38回連続出場を果たしたが、今年も出場を果たせば、39回連続出場となる。▲しかし、嬉しいことばかりでなかった。冒頭にも取り上げたが、北朝鮮が拉致を始めたのがこの1977年からで、あの横田めぐみさんが1977年11月15日に拉致されていて、今年で39年という年月が過ぎた。今では国が認定した被害者だけで17人に及ぶ。39年ぶりの朗報を待ちたいが…。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重63.2kg。▲前日の雨で、柳川の河口が砂州の移動でほぼ繋がった形となり、内湖状態になっていた。跳ばずに跨いで渡れたのである。なかなか面白い変わりようだった。▲難聴が進んでいるので補聴器を買いに行ったのだが、安いものでも20万円、高価なものは60万円もする。その高価さにびっくり、購入すべきか否かで迷ったが、ルビコン川を渡る気持ちで注文した。死期が静かに近くまで迫っているかもしれず、無駄な投資になる心配もある。 (16-03-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3381 勢い | ホーム | 3379 人口知能(AI)の凄さ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP