プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3381 勢い

 大阪で行われている大相撲春場所では、大阪出身の『勢関』が大変好調のようで、昨日は大関の照のノ富士を破って4連勝で、四股名通り「勢い」をつけている。勝負事では「勢い」が大事であり、大きな勝利を呼び込むことが多い。

1.独り言コラム
 冒頭の『勢関』の勢いはなかなか立派でファンを喜ばせている一方で、初日不覚の黒星スタートした横綱白鵬関は、その後立ち直って来ているが、昨日は、土俵を割っている隠岐の海関を余計な駄目押しで突き飛ばしてしまった。これは、「勢い」余ってというよりは悪い癖で、今までにもこの種の余計な駄目押しをして不評を買っていたのだが、またやってしまったのである。八角理事長からは苦情を受けたようだが困ったものである。▲アメリカ大統領予備選挙は、昨日注目のミニ・スーパーチューズデーだったが、共和党のトランプ氏が、大票田のオハイオ州では手痛い一敗を喫したが、他の4州で圧勝し、その「勢い」は」衰えていない。伏兵として期待されていたルビオ氏は地元のフロリダで敗北し撤退を宣言した。この結果、トランプ氏が共和党の代表になる可能性がますます大きくなっている。▲一方の民主党は、ヒラリー・クリントン氏は5州全部で勝利し、どうやら勝ちムードに入ったようで、この勢いは、トランプ勝利で共和党の乱れも予測されことから、アメリカ史上初の女性大統領の誕生の「勢い」が増しており、新しい歴史の訪れは近い。▲一方、日本国内では野党の再編成が行われ、民主党と維新の党の合流で新たに民進党が誕生する運びとなったが、その評判は良くない。世論調査では、「期待していない」、「あまり期待していない」が大半で、いわゆる「勢い」は全く見られない。▲アベノミクスの成果の一つだと言われてきた株価もここに来て「勢い」はなくなり低迷している。また、今年の春闘でのベアにも昨年までの「勢い」はない。▲どうやら、日本も曲がり角に来ている。安倍晋三パイロットの操縦手腕に期待したいのだが、ここでも、今までの「勢い」は鈍ってきているようで心配である。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重63.0kg。▲近所を流れる柳川の河口の状態が毎日変化している。昨日の朝、河口が対岸で陸地で繋がっていることを発見した。完全に内湖状態である、柳川の水は、少し逆流して、もう一本北側にある際川の方向に近いところで琵琶湖に流れ込んでいることを確認した。柳川河口の地形が毎日変わっていて、それを確かめるのが朝の楽しみの一つになった。▲人間は変化(ΔH)に興味を持つ生き物である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3382 大相撲中継 NHKアナが遺憾な発言 | ホーム | 3380 39年ぶりの明暗 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP