プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3389 落胆

 昨日の大相撲春場所12日目で、前日まで1敗で並んでいた3人の中から、二人の日本人大関が敗れて、横綱白鵬が優勝争いの単独トップに立った。日本人相撲ファンの落胆のため息が列島を駆け抜けた。前日と同じ趣旨のタイトルになってしまい、虚しいため息に元気が出ない。

1.独り言コラム
 初日に白鵬が宝富士に不覚を取ったとき、解説の北の富士さんが思わず「終わった」と口走ったのが印象深かかった。それは、「白鵬時代は終わった」という意味だったと思うが、どっこい、そうは問屋が卸さなかった。白鵬の断トツの強さが、ここ二日間に渡り、稀勢の里、豪栄道との2番に堂々と披露された。▲昨日のNHKの解説者も、奇しくも北の富士さんだったが、そのことには触れず、稀勢の里の落胆ぶりが伝えられると、落胆しているのは多くの日本人の相撲ファンだとコメントしていた。そして、取って付けたように、まだ何が起きるか分からないとリップサービスしてくれていたが、その口調には力強さはなかった。悔しいけれど、改めて白鵬の断トツの強さを見せつけられた。▲ここからは、負け惜しみになるが、今、ダントツに強い何人かの日本人勝負師の話に切り替えて、落胆とさよならを試みたい。▲体操の内村航平、レスリングの吉田佐保里、フィギュアの羽生結弦、スキージャンプの高梨沙羅、囲碁の井山裕太6冠、将棋の羽生善治4冠らである。彼らの強さは、日本人の誇りであり、落胆とは無縁で、常に大きな勇気を与えてくれている偉大な存在だ。▲付記するが、その中で、囲碁の井山裕太6冠はまさに時の人である。同6冠は目下最後の砦である十段戦で伊田篤史十段に挑戦中であり、一昨日の2回戦にも連勝し、前人未踏の7冠制覇にマジック1と迫っている。その歴史的な十段戦第3局は4月14日に行われる。とにかく、あと3週間で囲碁界は歴史的な日を迎えることになる。新しい歴史の幕開けにわくわくしている筆者である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重63.0kg。▲毎朝の散歩で、仲良く夫婦そろって楽しんでおられる方が数組あって、羨ましく思っている今日この頃である。▲昨日その一組のご夫婦が、前日から散歩道近くに捨てられていたごみ袋を拾って。しかるべきところに持っていかれるところを見て、その立派な心掛けに打たれた。(16-03-25)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3390 にんまりほくそ笑んだ監督たち | ホーム | 3388 背信/裏切り/がっかり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP