プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3390 にんまりほくそ笑んだ監督たち

 今年のプロ野球が開幕した。勝負の常で結果は明と暗に別れたが、その中で、特に、「してやったり!」とにんまりほくそ笑んでいたいた監督を、筆者の独断と偏見で選んでみた。

1.独り言コラム
 勝った6チームの監督は、とにかく「ほっと」して、内心、にんまりだったと思われるのに対し、負けた6人の監督は、悔しさに憮然としていたと思う。中でも、土壇場でさよなら負けを食らったオリックスの福良淳一監督は、その無念さにほぞを噛んでいただろう。勝負だけに明と暗は分かれるのは致し方ない。▲昨夜、最も「してやった!」とにんまりほくそ笑んでいたのは、中日の谷繁元信監督ではなかろうか。何しろ、京セラドームでは11連敗中だった上に、チーム改革で気炎を上げて鳴り物入りした金本知憲監督の出鼻を挫いた快感があったと思われる。▲DeNAのラミちゃんも、接戦をものにしての勝利にご機嫌で、明るいでにんまりだったに違いない。ほとんどの評論家の今年の順位予想で最下位に上げているだけに、初戦突破できた快感は小さくなかったと思う。▲楽天の梨田昌孝監督もにんまりしていた一人だったろう。エースを立てて、出だしに3点を取られたのを一気に跳ね返しての逆転勝利は、絵に描いたような会心の出だしである。昨年度が最下位だという気楽さもあって、一気に頂上を目指すのではなかろうか。監督力としては最上位クラスの一人だと思う。▲さて、忘れてはならないもう一人のにんまりした人がいる。場外だが、和田豊前阪神監督だろう。自分がやって来た4年間の戦いぶりを根底から改革という名でこき下ろされた悔しさには、言語を絶するものがあったはずで、昨夜の無様な逆転負けに、こっそり、にんまりとほくそ笑んでいたのではなかろうか。(ここで、いや、和田さんは、そんなに度量の狭い方ではないという突っ込みがありそう。) 筆者が敢えてそう言うのも、自分の現役時代に、後任者に「世直し」と言われて怒りを覚えたことがあったからである。▲とにかく、シーズンは始まったばかりである。たかが1/143の結果だが、されど1/143の結果である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重63.3kg。▲最近は楽しく、安心して歩くことに心がけている。そのため、国道は極力避けて、湖岸を主体にしたコースを、75~80m/分のスピードで楽しんでいる。毎朝、元気に歩けていること自体に、健康であることの喜びを味わっている今日この頃である。(16-03-26)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3391 駆け抜けた夢 | ホーム | 3389 落胆 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP