プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3392 絶句

 大辞林には、「①話や台詞(せりふ)の途中で言葉に詰まるこ。②漢詩の近体詩の一種で五言絶句や七言絶句がある」とある。今朝は前者の「絶句」を取り上げてみた。

1.独り言コラム
 2000年4月1日の事だった。当時の小渕恵三総理がインタビューで、10秒ほど言葉が出ず「絶句」したことがあった。脳梗塞の前兆だった訳で緊急入院した。そして4日には総理を辞職している。政治史上極めて印象に残っている「絶句」だった。▲昨日の大相撲春場所千秋楽で36回目の優勝を果たした白鵬の優勝インタニューで、白鵬が何回か言葉に詰まり「絶句」していた。そして目には涙が滲んでいた。いつもべらべらとお喋りする白鵬とは完全に違っていた。そこには優勝を決めた結びの一番で、一瞬の体をかわすといった横綱らしからぬ勝ち方への反省があって、忸怩たる思いになっていたのであろう。横綱同士のぶつかり合いでの熱戦を期待していた多くの相撲ファンの期待を裏切った。大横綱の矜持、プライドを捨てた相撲に大失望だった。▲一昨日、大阪八尾空港に小型機が墜落、炎上し4人全員が死亡した。パイロット仲間や友人が「生き返って欲しい」「事故を起こしたこともなかったのに、…」と言って「絶句」していたという。▲2月17日に打ち上げられた天体観測衛星「ひとみ」が故障し、こちら方の指示に応えられず、「絶句」状態にあるという。果たして回復はできるのであろうか、心配である。▲何回見ても、あの東北大震災での津波の凄さには、筆者は「絶句」してしまう。東南海トラフの驚異が話題になっているが、こんな大惨事は、何とか勘弁して欲しいものである。▲五体不満足で頑張っていて好印象の乙武洋匡さんの不倫スキャンダルが発覚した。3人のお子さんのお父さんだが、今までに5人の女性と不倫していたという。自民党は7月の参院選の候補に考えていただけに大慌てのようだ。筆者は、あの身体での不倫に、思わず「絶句」だった。奥様の仁美さんの思いや如何、である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重63.3kg。▲今年になって、ストップウオッチを持って散歩を楽しんでいる。心地よく歩くスピードは、筆者の場合は75~80メートル/分である。この速度なら、いろんなことを考えながら歩きを楽しむことができる。それよりペースを上げると少し苦しく感じるようになる。因みに、一度だけ91メートル/分を記録したことがあったが、その時は途中でジョギングしていて息切れしていた。(16-03-28)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3393 涙には幾つもの想い出がある | ホーム | 3391 駆け抜けた夢 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP