プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3398 大きなVが見えて来た

 昨日はフィギュア世界選手権で、羽生結弦選手が2位に甘んじたという番狂わせの残念なニュースが飛び込んで来たが、その一方で、女子ゴルフとテニスで、日本人選手に大きなVが見えて来ている。大袈裟に言えば、千載一隅のチャンス到来である。

1.独り言コラム
 全米女子ゴルフツアーの今季最初のメジャーツアー、ANA INSPIRATIONで、2日目を終えて、宮里藍選手が7アンダーでトップタイである。今日は最終組でラウンドするが、メジャーツアーでの日本人選手の優勝は、1977年の全米女子プロ選手権で樋口久子選手が優勝して以来の40年ぶりの優勝のチャンスである。まだ、二日を残しているが、先週からの宮里藍選手は、人が変わったような好調ぶりで、まさに大きなVが見えてきている。筆者は元々アンチ宮里藍であるが、今回は日本の名誉の為でもあり応援したい。▲テニスのマイアミオープンで、錦織圭選手が遂に決勝に勝ち進んだ。このツアーはいわゆる4大オープンに次ぐ大きなツアー大会で、マスターズと呼ばれている。日本時間明日決勝戦が行われるが、相手が世界ランク1位のジョコビッチだけに勝つのは容易でないが、大きなVが見えていることには変わない。頑張って欲しい。

2.プライベートコーナー
 1時目覚め、朝6時換算の推定体重63.4kg。前日から風邪気味で少し熱もあって体調は良くない。▲ところで、足腰を鍛えるために散歩を始めたのは昨年の4月2日だった。妻の百日忌を終えて、ほっとした頃だった。従って、ちょうど一周年である。この間、334日間歩いており、その総距離は1216kmである。東京―神戸感、往復に相当する距離で、よく歩いたと思う。(16-04-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3399 一日四本立ての勝負を楽しむ | ホーム | 3397 頑張りの明暗 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP